元自転車屋がサビ取り法伝授!サビに備えるメンテナンスの方法

買った当初はピカピカできれいな自転車、でも乗っていくうちにサビが出てきて気になってしょうがない!という人は多いのではないでしょうか。「元自転車屋が教える!」シリーズの第4回目は、サビを防ぐ方法と、サビを取る方法をご紹介します。

サビを取るとどうなるの?

2490749296_3b4a33b1f8_b

サビを取る理由は、見た目と機能を劣化させないためです。

サビがパーツに生じると、チェーンならば速度が落ち、ワイヤーならば、ブレーキや変速機の動きが鈍くなります。また、ネジにサビが生じると、ネジの形が潰れやすくなります。

ネジ自体が潰れてしまうとパーツの取り外しができなくなってしまうこともあり、本体ごと廃棄しないといけない場合もあるのです。

サビの予防、肝は「保管場所」にあり

6294148752_044987d62d_b

急な雨に遭遇してしまったり、保管中に雨に濡れてしまったりすると、サビはどうしても発生してしまうものです。しかし、一度発生してしまうと、全てのサビを取り去るのは難しいため、発生しないよう予防することが重要です。

そのために大事なのが保管場所。ポイントは雨風に当たらないことです。保管場所として最適なのが部屋の中などの屋内、次点が屋根のある場所、一番良くないのが屋外にそのまま置いておくことです。もし、屋根のない屋外に保管しないといけない場合は、自転車屋さんやホームセンターででビニール製のカバーが売っているので、被せておくと雨風を防ぐことができます。

塩分もサビの原因になるため、海の近くに住んでいる人は屋内に保管するのがベターです。基本的には、水分を拭き取ってあげることでサビが出づらくなるので、水に濡れた場合は軽く水分を拭き取ってあげましょう。

サビが出やすいパーツについて

10605022593_30010470da_k

サビが出やすい箇所としては、

チェーン
・ホイールのスポーク
・ブレーキのインナーワイヤー
・ハンドルなど未塗装のパーツ
・カゴの足
・ネジ

が挙げられます。鉄製のパーツで未塗装の部分にサビが生じやすいことを覚えておいてください。なお、今回ご紹介する方法は、この全てのパーツに対応可能です。

サビ取りに必要なもの

250480043_daa6df72b1_o

今回のメンテナンスも前回までと同じく、特別な工具は使用せず、100円均一やホームセンターで手に入るものを利用します。
用意するものは、

・揮発性のオイル(スプレー式のもの、無ければ灯油)
・スチールブラシ(ステンレス製がベター)
・ウェス(タオルやTシャツなど、いらない布を20cm四方に切り分けたもの)
・軍手(手の汚れとケガを防止する)
・研磨剤入りのサビ落としクリーム(無ければ2000番台の細かい紙ヤスリ)

これらを手に入れたら、軍手をはめてさっそく作業に入りましょう。

サビ取りの手順

R0028338

1.揮発性のオイルをサビた箇所に塗る

スプレー式のオイルならばサビた箇所にそのまま吹き付ける、灯油ならばウェスに含ませ、少し多めに思うくらい塗りこみましょう。オイルを塗った後は浸透するまで数分待ちます。

2.スチールブラシでこする 〈※ブレーキのインナーワイヤーはこのステップを飛ばしてください。〉

オイルを塗りこんだ場所をスチールブラシでこすります。この時あまり力を入れずに、深い傷がつかないよう気をつけてください。一番避けたいのが、塗装面を含め、サビが発生していない箇所に傷がつくこと。

新しい傷ができるとそこから水分が浸食し、新しいサビの原因になります。一度サビが発生すると完全にきれいにすることは難しいので、ある程度サビが取れたら、次のステップに進んでください。

3.サビ落としクリーム(研磨剤)で表面を磨く 〈※チェーンは、このステップを飛ばしてください。〉

研磨剤入りのサビ落としクリームをウェスにつける、無い場合は紙ヤスリで、ステップ「2」でこすった箇所を磨きます。このステップで、スチールブラシでついた荒い傷をなめらかにして、再びサビないようにします。

この作業は根気が必要ですが、磨いているうちに表面がなめらかに、きれいになるはずです。指で触れてざらつきを感じなくなったら次のステップに進んでください。

4.表面にオイルを塗る

新しいサビを予防するため、磨いた箇所に揮発性のオイルを塗りこみます。これでサビ落としは完了です。特にチェーンは、チェーンメンテナンスの記事を参考に、表面に機械油を塗るようにしてください。

1〜4の作業を終えれば、サビていた自転車のパーツもきれいに蘇るはずです。

メンテナンスは定期的に!

実際にメンテナンスしてみると、愛車にもっと愛着が湧いてきたのではないでしょうか?

このシリーズで紹介した方法はあくまで個人でできる範囲のものです、困った時には自転車屋さんに任せることも必要だと覚えておいてください。最後に、過去のメンテナンス記事のリンクをご紹介します。愛車と良い付き合いを続けるためにも、定期的にメンテナンスを続けてくださいね。

メンテナンスに関するその他の記事はこちらをご覧ください!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by スズキ ガク

1986年生まれのライター・編集ディレクター・元自転車屋の店員/ 大学を卒業後、自転車日本一周と、ユーラシア大陸輪行旅行を行う。 編集ディレクターとしての担当媒体は「未来住まい方会議 by YADOKARI