GIANT2016年モデルも!クロスバイクとロードバイク、コスパ重視ならGIANT(ジャイアント)がおすすめ

ロードバイクやクロスバイクを買おうと思った時に一番に名前が挙がるメーカーといっても過言ではないのがGIANT(ジャイアント)。初めて買う場合はGIANTで良いのかどうかわかりませんよね。そこで今回はGIANTのロードバイクやクロスバイクを紹介しながらGIANTの良さをお伝えします。記事を読み終える頃には、安心してGIANTのバイクを買えるようになっていると思いますよ。

GIANTとは?

GIANTは台湾生まれの世界最大の自転車メーカーです。1972年創業の若いブランドですが、世界の自転車メーカーの製造下請けを多数おこなっており、その中で培った高い技術力が強みです。2002年度ツール・ド・フランス(世界三大自転車レースのひとつ)ではチーム優勝を飾るなど、その技術力は折り紙付き。加えて、世界最大というスケールメリットを活かしたコストパフォーマンスの高い製品が魅力です。

他のメーカーと比べて、同じ価格ならばGIANTの方が品質が良い場合が多く、元自転車屋の筆者から見ても信頼のおける作りをしています。今回はGIANTの中でもスポーツ自転車初心者におすすめしたい、5-10万円の入門機を、ロードバイク、クロスバイク、その他のバイクの順にご紹介します。

楽な姿勢でも乗れる、ロードバイク最初の一台としておすすめの「AVAIL 3」

AVAIL 3

AVAIL 3
105,000円(税抜き)
コンポーネント:SHIMANO SORA
カラー:シルバー/イエロー、ブラック/レッド
18段変速 9.4kg

GIANTのロードバイク入門機としておすすめしたいのが、AVAIL 3 です。

10kgを切る軽量な車体に、SHIMANO製「SORA」のブレーキと変速機を装備。初心者には乗車姿勢の面で抵抗のあるドロップハンドルの自転車ですが、AVAIL 3 ではサブブレーキレバーを標準装備し、楽な姿勢で乗れる工夫がしてあります。

フレームのサイズも身長145cmから対応できるXXSサイズを用意しており、女性にも乗りやすい自転車です。カラーは「シルバー/イエロー」と「ブラック/レッド」の2種類です。

目立つカラーのエアロロード

001
PROPEL ADVANCED 2 (2016年モデル)
225,000円
コンポーネント:SHIMANO 105
カラー:カーボン・レッド、カーボン・ホワイト
22段変速 8.0kg

赤と青の2色がよく目立つカーボンフレーム。20万円台と高価格ですが、ビギナーからロードレースまで対応できる1台です。色はカーボン・レッドとカーボン・ホワイトの2色展開です。

ビギナーにおすすめアルミのロード

002
TCR 0(2016年モデル)
140,000円
コンポーネント:SHIMANO 105
カラー:ブルー、マットブラック
22段変速 8.7kg

ベーシックなアルミのロードバイク。コンポは105でこれからガンガン乗って行きたいビギナーにもおすすめの1台。色はブルーとマットブラックの2色展開。

サブブレーキレバーもついた街乗りロードバイク

003
DEFY4(2016年モデル)
85,000円
コンポーネント:SHIMANO CLARIS
カラー:ブラック、ホワイト、ブルー
16段変速 9.9kg

他のモデルに比べるとお手頃な価格のロードバイク。サブブレーキレバーもついており、状態を起こした楽なポジションで乗ることができます。色はブラック、ホワイト、ブルーの3色展開です。

続いてクロスバイク、その他のバイクを紹介します。

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by スズキ ガク

1986年生まれのライター・編集ディレクター・元自転車屋の店員/ 大学を卒業後、自転車日本一周と、ユーラシア大陸輪行旅行を行う。 編集ディレクターとしての担当媒体は「未来住まい方会議 by YADOKARI