SCOTT(スコット)ロードバイク5台の特徴を解説します!

ロードバイクを選ぶ際には、やはりメーカーが1つの基準となるでしょう。国内外において様々なメーカーがロードバイクを開発しており、その性能やデザイン、こだわりは多種多様です。ここでは、スイスに本部を置くSCOTTの最新ロードバイクについてご紹介しましょう。

SCOTT独自のIMP Carbon Mainframe

SCOTTのロードバイクを語る上で、「IMP Carbon Mainframe」は避けられません。独自の最新技術を集結させ、強度を増しながら数グラム単位まで軽量化を実現させています。さらにSCOTTでは「HMX」「HMF」という製法が用いられており、高耐久、安全、長寿命にこだわり抜いています。SCOTTの最新ロードバイクでは、カーボンフレームにこの「IMP Carbon Mainframe」が用いられています。まずは、カーボンモデルを3つ見ていきましょう。

最上級のプレミアムロードバイク「FOIL PREMIUM Di2」

FOIL PREMIUM Di2

Photo by SCOTT

1,250,000円(本体価格、税別)
最上級モデルと言えるエアロロードバイク。コンポーネントはSHIMANO社製「Dura-Ace」を搭載し、メインフレームにはHMX Carbonを採用しています。強度を増しながら数グラム単位まで軽量化されており、速度と効率性を兼ね備えたまさにプレミアム仕様と言えるでしょう。

軽量性、剛性、快適性を追求したレースバイク「ADDICT10」

ADDICT10

Photo by SCOTT

550,000円(本体価格、税別)
SCOTTの中でも最軽量のフレームを追求されたADDICTシリーズ。ADDICT10ではコンポーネントにSHIMANO社製「Dura-Ace」、メインフレームにはHMF Carbonを採用しています。スピードに耐えうる剛性に加え、シートに快適性を実現させており、長距離ライドやスピードレースなど幅広く対応する機種です。

快適性の優れた軽量カーボンバイク「CR1 10」

CR1 10

Photo by SCOTT

258,000円(本体価格、税別)
軽量カーボンバイクの先駆けとも言える、CR1の最新モデル。コンポーネントはSHIMANO社製「Ultegra」、フレームにはCR1カーボンを採用しています。ショップダンピングシステムにより地面からの衝撃を吸収。軽量性のみならず高い快適性を誇り、ロングライドでも疲れません。

次にアルミフレームのロードバイクを見ていきます。

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by 三河 賢文

“走る”フリーライターの三河です。数多くのマラソン、トライアスロンレースに挑戦中。その競技経験や知識をもとに、自転車に関する情報をお届けします!