ビール1杯でも自転車飲酒運転?酒気帯びと酒酔いの違いも解説

2015年6月1日から、改正道路交通法が一部施行され、自転車の交通ルール違反の罰則が強化されることになりました。これまでは自動車に比べて罰則が軽かったため、軽い気持ちでルール違反をしてしまっていた方も、少なからずいたのではないかと思います。しかし、これからは「これくらいは良いと思った」では済まなくなります。

罰則強化の対象となったうちの一つが、「酒酔い運転」です。今回は、お酒を飲んで自転車を運転した場合の罰則について、酒酔いと酒気帯びの違いにも触れながらご紹介します。

自転車も車と同じ!酒酔い運転は厳しく罰せられる

3075896563_49a54c6919_z
自転車は、道路交通法では軽車両という扱いになっています。「酒酔い運転」をした場合、自動車やバイクと同様に、刑事罰を科せられることがあります。

自動車やバイクと異なるのは、罰則が科せられるのは「酒酔い運転」のみということです。自転車でも「酒気帯び運転」は禁止されていますが、違反しても罰則が科せられることはありません。

では、酒酔い運転と酒気帯び運転とは、何が違うのでしょうか。

酒酔い運転と酒気帯び運転の違い

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by FRAME編集部

FRAME編集部です。