COLNAGO(コルナゴ)の注目ロードバイク&クロスバイク7選

最初に…COLNAGOというメーカーについて

特徴的なのが、“全てのバイクにストレートフォークを採用”しているという点です。レース目的での大前提というのは、狭い空間での確実なハンドリングやレスポンスの良い的確な反応というのが絶対条件。ライダーに安心感と安定感をもたらすためにCOLNAGOが考え、辿り着いたのがこのスタイルといったところでしょうか。その性能は折り紙付きで、誰もが乗った瞬間「まるで体の一部だ!」と絶賛するほどです。完璧な設計と名声を意のままにする。それがCOLNAGOというメーカーです。

それでは、COLNAGOのロードバイクやクロスバイクなどを紹介します。

ロングライド性能はピカイチ

image04
[AC-R]は素晴らしい乗り心地として定評のあるロードバイクです。フルカーボンのフレームとフォークは振動を吸収しライダーの負荷を減らし、また柔軟性によって引っ掛かりのないスムーズなペダリングを可能としています。

またお得意のストレートフォークは快適なハンドリングを約束しており、ロングライドでは疲れ知らずでしょう。

きっと、乗るたびに距離が伸びていく楽しさを味わえると思いますよ。(参考価格:350,000円)

素晴らしい走破性能を求めるなら

image00
本場ツール・ド・フランスの伝統コース“石畳”で鍛えられたカーボンフレームを搭載した[CX-ZERO CARBON]。瞬発的な力に対応できるよう振動の吸収とスタビリティを極限まで高めています。

スプリント、ヒルクライムで120%の力を出し切ってくれるこの機体ですが、前輪・後輪間のホイールベースを長くとることによってダウンヒルでの安定性も高めています。

まさに常にゴールを狙うロードレーサー向けのバイクといったところでしょうか。また、若干の荒れ地にも対応できるディスクブレーキ搭載の[CX-ZERO DISC]も存在します。(参考価格:385,000円)

10年に一度の工芸品

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by 小野崎 博倫

毎日往復50kmを通学する学生ライダー。CHEVAUXのクロスバイクを無理矢理ドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。