TREK(トレック)のロードバイク・クロスバイクを10台紹介します!

はじめに…TREKというメーカーについて

1976年創業から「今ここに用意されている素材から何一つ妥協せず、最高の製品を造る」という厳しい開発基準を掲げ、トップクラスの機体を次々に世の中へ送り出しています。

またいち早く炭素繊維強化プラスティックの開発にも着手し、宇宙工学や航空工学のエキスパートと連携して高密度に圧縮されたカーボンの空隙1%に抑えるという現代の航空宇宙技術をも超える”OCLVカーボンテクノロジー”の開発に成功しました。

抜群の強度と耐久性を持ち合わせたそのフレームは他の追求を許さず、数々の大会で優勝を飾っています。まさに「本物」を求めるライダーの為に生まれたメーカーといっても過言ではないでしょう。

しかし、だからといってエントリーモデルやミドルレンジクラスに力を入れていないのかというと、そういう事ではありません。

通勤・通学を目的とした方がよく利用するクロスバイクには「自転車を単なる移動手段ではなく、その時間を幸せなものにしたい」という理念を掲げてそれぞれの目的と手段に合わせた自転車を開発しています。しっかりとユーザーの目線に立って製造できるメーカーです。

それでは、クロスバイク・シクロクロス、ロードバイクの順に紹介していきます!

クロスバイク・シクロクロス

ロードバイクとMTBの合いの子として誕生したクロスバイク。街乗りやちょっとしたライディングにはもってこいの自転車です。

通勤・通学を楽しいものへ変える

image08
毎日の通勤通学をより便利で楽しいものへ変えたいのであれば、この[Lync 3]を選ぶと良いでしょう。泥や汚れに強く制動性が高いディスクブレーキを前後に採用し、たとえ雨の日でも未然に危険を防いでくれること間違いないはずです。

注目すべきはエントリーモデルでありながらBluetoothセンサーをフレームへと埋め込む”DuoTrap”対応フレームであること。これはスマートフォン等の端末と連動し、フィットネス系のアプリケーションと接続することでその日のルートや走行距離、平均スピードやカロリーまで計算してくるれる優れものです。あなたの日常に潤いを与えてくれること間違いなしでしょう。(参考価格:99,000円)

広い世界を見据えるために

image01
あなたが街乗りだけでは飽き足らず、もっと広い世界を見据えて冒険したいと考えているのであれば、こちらのバイクをお勧めしたいところです。通常クロスバイクはロードバイクとMTBとの合いの子として誕生したものですが、この[8.4 DS]はどちらかというとクロスバイクとMTBの合いの子。そのため細部の構成が山岳向けへアレンジされていますが、オンロードでもオフロードでも走破できるように調整されています。

転がり抵抗の良い400cのタイヤを履かせ、エルゴグリップ採用のハンドルは操作性抜群。「毎日の通勤に使いながらも週末は山へ足を延ばして…」とお考えの方に最適です。(参考価格:103,000円)

ロードバイクとMTBの融合

image06
ドロップハンドルを採用したクロスバイク[CrossRip Elite]は、ロードバイクとMTBの良い面だけを抜き取って再構築した非常にコストパフォーマンスに優れている機体です。

衝撃を吸収してくれるカーボンフォークとTREKが独自に開発した”isoZoneハンドルバーパッド”で上半身を支える手への負担を和らげ、更には人体工学に基づいた”Race Lite iso Zoneバー”がハンドルを握った時のコントロール性を高めると同時にブレーキ時での安定性を約束してます。オフロードへ進路変更をした場合でも臆することはありません。

前後に搭載されたディスクブレーキとBONTRAGERのパンク耐性タイヤがあなたの走りをサポートしてくれること間違いなしでしょう。(参考価格:140,000円)

次にロードバイクを見ていきましょう。

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by 小野崎 博倫

毎日往復50kmを通学する学生ライダー。CHEVAUXのクロスバイクを無理矢理ドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。