DE ROSA(デローザ)のおすすめロードバイク10選

ハートのアイコンが印象的なDE ROSA(デローザ)。フレームペイントは可愛らしい色使いが多いので、興味を持たれる女性の方は多い事と思います。

また弱虫ペダルをご覧になった方であれば、作中最強クラスの御堂筋君が文字通り「手足の様に」乗りこなしていた強烈なビジュアルを鮮明に覚えている事でしょう。

では、この様に様々な面で印象深いDE ROSAというメーカーは、どの様な自転車を作っているのでしょうか。

この記事ではDE ROSAについての簡単なご説明と、オススメのロードバイクをご紹介したいと思います。

始めに…DE ROSAというメーカーについて

50年以上の歴史を誇るDE ROSAはどの時代においてもトップを目指すロードレーサーの期待へ答えてきました。優れた振動吸収性能はライダーへの負担を軽減し、完璧なハンドリングをサポートします。

またフレームの美しさは一級品で、特に金属系フレームの接合部の滑らかさは芸術の領域でしょう。

’02年から取り扱いの始まったカーボンフレームについても、金属系のフレームとは対照的な曲線を描き出し、見事な対比を表現しています。

その性能と高貴なビジュアルは多くのファンを獲得しており、ロードバイクを所有しているだけで一目置かれるブランドです。しかし逆の視点から見れば、初心者ライダーさんが手を出しにくいというのも事実。

エントリーモデルが存在しないDE ROSAは全体的に値段設定が高く、また性能面でもビギナーさんが多くを持て余しがちになる事は否定出来ません。

コンポーネントも国産のSHIMANO(シマノ)よりもCAMPAGNOLO(カンパニョーロ)を採用しているものが多いため、やはりある程度スポーツサイクルに乗り慣れた方へお勧めしたいところです。

職人による手作り-NeoPRIMATO

image01
たとえ時代に合わせて機械化が進もうと、DE ROSAの伝統は変わることはありません。

職人の手で一つ一つ丁寧に作られたNeoPRIMATOは高い完成度を誇り、クロモリ素材のフレームは素晴らしい安定性と独特のしなやかさで乗り心地は抜群。

ロードバイク原来の走り、姿がここにあります。(参考価格:260,000円)

特別なNeoPRIMATO-NUOVO CLASSICO

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by onzk

毎日往復50kmを通学する学生ライダー。CHEVAUXのクロスバイクを無理矢理ドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。