前用と後ろ用で何が違うの?タイプ別自転車チャイルドシート比較

自転車に子供を乗せる際、絶対に必要となってくるのがチャイルドシートです。

しかし様々なタイプがあり、どんなチャイルドシートに我が子を乗せればよいのか迷ってしまう親御さんも多いですよね。

そのような方のために今回は前用、後ろ用のタイプ別でチャイルドシートの比較をするとともにおすすめのシートを5つご紹介します。

前用チャイルドシート

前用のチャイルドシートとは運転手の前部分、つまり自分の前に子供が来るように配置できるようになっているチャイルドシートのタイプです。このタイプは自転車のハンドル部にチャイルドシート本体を取り付け、固定することによって子供を乗せることができるようになっています。

メリットとしてあげられるのは、子供が自分の前にいるため様子を確認しやすい、子供から見て自転車のスピード感を感じることができるため子供が楽しめる、といった点が挙げられます。

逆にデメリットとしては、子供が前面のため冬に乗ると風が直接当たって寒い、自転車のタイプによってはハンドル操作がしにくい、体重制限が15kgの1歳半ほどで乗れなくなってしまう、といった点が挙げられます。

寒い時期に防寒対策をしっかりして小さいうちだけと割り切る事ができれば、こちらが良いかもしれません。

そんな前用チャイルドシートのおすすめ製品はこちら。

軽量なシート – FBC-003S2

image00

(出典:OGK)

製品重量を1.7kgへ落とし込んでいるため非常に軽量です。そのため、不意にハンドルを取られてしまうことも少ないでしょう。

子供が座るシート部分は豊富なカラーバリエーションが用意されているため好みに合わせて選択することが可能です。(参考価格:税込5,387円)

身体をしっかりとホールド – FBC-010DX

テンプレート

(出典:OGK)

上下可能なヘッドレストは頭部の位置に合わせて最も最適な場所へセットすることが可能です。

また、5点で止めるベルトは大切な子供の身体をがっちりホールド。膝も窮屈にならないよう余裕のある設計となっているため楽しい親子の会話を楽しむことが出来ます。(参考価格:税込10,800円)

オシャレさん必見 – HYDEE II

item_a_01_2

(出典:BRIDGESTONE)

BRIDGESTONEが送り出したこちらの製品は、オシャレな方をターゲットに開発された自転車HYDEE II専用のフロントチャイルドシートです。

自転車と見事にマッチするように設計されているため非常にスタイリッシュ。他とは一味違うものを手に入れたいのであれば是非とも検討していただきたい一品です。(参考価格:税抜17,380)

HYDEE IIに関する詳しい情報はこちらをご覧ください!
街を軽快に走れる!2016モデルの電動自転車を7台ご紹介します

後ろ用チャイルドシート

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!



Written by FRAME編集部

FRAME編集部です。