固定ローラーと三本ローラーはなにが違うの?ローラー台比較

気象条件が悪くてなかなかバイクに乗れない。貴重な時間を無駄なくトレーニングがしたい等、天候や時間の制約があってバイクに乗りたくても満足に乗れない時ってありますよね。そんな時に大活躍するのがローラー台です。 

交通事情を気にする必要がなく使い方によっては実走よりペダリングやケイダンスに集中した質の高いトレーニングが可能です。そんなローラー台にはどんなタイプがあって何を基準に選ぶべきなのかをご紹介したいと思います。

ローラー台の分類

ローラー台を大きく分けると2つ「固定式」と「三本ローラー式」になります。前者はバイクを固定して使うもの、後者はバイクがローラー台に置いてあるだけの違いです。

top

(出典:MINOURA)

固定式はバイクが安定しているので初心者でも使えますが三本ローラー式は慣れが必要で、どちらかといえば中、上級者向きといえるでしょう。

roller

(出典:MINOURA)

固定式はさらに3つのスタイルに分けられます。

タイヤドライブ

一番ポピュラーな固定式ローラー台です。リアタイヤを止めているクイックレバーの部分でローラー台を固定します。タイヤの接地面がローラーになっていて機種によっては負荷を変えることができます。(参考価格:税込58,320円)

メリット: バイクが安定しているので初心者でも安心して使える。本やテレビ、スマホなど「ながら練習」が可能。上級者も安心してオールアウトの練習ができる。

デメリット: 音や振動がする。タイヤが摩耗する。

magneat

(出典:CycleOps)

リムドライブ

タイヤドライブと同じ固定方法ですが、負荷をかける場所がホイール横のリム部分になります。タイヤが凸凹なMTBでもリムさえあれば使用することができます。(参考価格:税込34,000円)

メリット: 初心者でも安心して使える。本やテレビ、スマホなど「ながら練習」が可能なのはタイヤドライブと同じ。タイヤの摩耗がない。

デメリット: リム滑りするので実走感はタイヤドライブより弱い。タイヤドライブより音が大きめ。リムが消耗する。

rim drive

(出典:MINOURA)

ダイレクトドライブ

リアタイヤを使わないローラー台です。リアのクイックレバーの部分で車体を固定するのは同じですが、それ以外の接点はチェーンのみでタイヤ滑りやリム滑りがなくペダリングの感覚がよりダイレクトに伝わります。(参考価格:税込105,840円)

メリット: 音が比較的静か。ホイールやタイヤが消耗しない。

デメリット: リアタイヤを都度外すのでセッティングが面倒。他のタイプと比べて値段が高め。

Ops

(出典:CycleOps)

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by 小山晋(こやま すすむ)

ワイン好きのホビーレーサー。スポーツイベント専門の旅行会社在職中にプロトライアスリートからバイクを譲り受けトライアスロンにはまる。伝説のフレームビルダーAMANDAの千葉氏に師事し自転車の奥深さを教え込まれ現在は3台のバイクを所有。メッセンジャーとして都内を走り回った経験もある。