【スペシャライズド / ターマック】勝利するために開発された!

ロードバイクに乗っている人であれば誰もが知っている有名ブランド、SPECIALIZED(スペシャライズド)。

そのスペシャライズドが送り出しているモデルの中でも、多くの選手が使用しているものがTarmac(ターマック)という車種です。その実力は2015年度の世界選手権で優勝、グランツールでもステージ優勝するほど。ターマックはプロの使用にも耐えうるスペシャライズド製品の頂点でもある“S-works”ラインナップへ加えられています。

そこで今回はターマックの何が優れているのかをご紹介すると共に、おすすめのモデルを3台ご紹介したいと思います。

Tarmac(ターマック)とは?

image00

(出典:SPECIALIZED)

そもそもの設計思想が「グランツールでの勝利」となっているだけあって走行性能は特筆物です。登りでの軽快さ、平坦路や下りでの高速安定性、キレのいいコーナーリングワーク、長距離ライドでの快適性。全ての面において高い次元で完成されており、プロ選手はもちろん、エントリーユーザーでも乗りやすく快適で体に優しいバイクです。非常に素直なフレームですので乗り方に変な癖なども付きにくく、万人に好まれるモデルとして親しまれています。

また、ターマックのコンセプトでもある“Rider-First Engineered”と呼ばれる独自の思想設計は、サイズによってチューブの長さやカーボン積層の違いでサイズ違いで乗り心地が変化してしまう問題を見直しています。どのサイズでも均一な性能を体感できるように最適化し、ハンドリングやパワー伝達などのサイズ毎の製品性能のムラを少なくし運動性能を向上が図られました。

フレームの素材には同社オリジナルの“FACTカーボン”を使用。各グレードで素材を厳選して造り上げられています。ターマックはこのFACTカーボンを3種類(FACT11r、FACT10r、FACT9r)で分類しており、数字が大きくなるほど高弾性で軽量になっていきます。

しかしグレード別にカーボン素材に違いがあれど、全体的には乗り味が非常にマイルドで1台で登り下りや平坦、地割れやちょっとした悪路などでも難なく走行できてしまうオールラウンドバイクです。

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!



Written by FRAME編集部

FRAME編集部です。