快適なライドのための効果的なギアチェンジ方法と注意点

ロードバイクなどのスポーツバイクは一般的なシティサイクルよりもシンプルな構造とわかりやすい操作方法がメリットです。さらにメンテナンス性も高いので長く付き合える自転車であることは間違いありません。今回はスポーツバイクをはじめたばかりで、乗るたびに機能や操作方法を勉強しているという方に参考になる内容をご用意しました。

シフティングでより快適な走りを

皆さん、上手にシフティング出来ていますか?シフティングとはギアチェンジの事で、ハンドルについているシフトレバーを操作するという意味です。慣れている人にとっては当たり前のことですが、これからはじめる人にとってはシフティングのコツを掴むことでより快適に乗れるようになります。今まで特に意識せずシフティングしてきた方や機械の操作に慣れていない女性は必見です!

坂道や気温、向かい風などサイクリング中は常に状況が変化していきますね。そこで大事なのはもちろん体力と精神力ですが、それよりもっと簡単に対応できるのがシフティングであり、ビギナーにとってシフティングが効果的にできるとサイクリングがより楽しくなること間違いなしです!

ギアのシステムを知ろう

image07

image03

まずスポーツバイクのギアシステムはどのようなものか?チェーンリングという大小2枚、もしくは3枚のギアの歯(画像では2枚)とそれを動かすフロントディレイラーがあります(画像上)。大きい方の歯はアウターギアといい、小さい方はインナーギアといいます。(3枚構成の場合は真ん中に当たるギアをミドルギアと呼びます)こぎ心地は、インナーギアは軽くて回しやすく、一方アウターギアは逆に負荷が掛かるよう重く感じます。

画像下のリアホイールの中心部分には大小7段から11段で構成されているギア(スプロケットといいます)とそれを動かすリアディレイラーがあります。一番小さいギアはトップギア、一番大きいギアはローギアといいます。こぎ心地はトップギアが重く、ローギアに移動していくたびにだんだん軽く回しやすくなっていきます。お気づきかもしれませんが、後ろは前のギアと逆のこぎ心地になるのです。

R=R と覚える

最初は、左右どちらが前のギアか、後ろのギアかわからなくなってしまう時があるかもしれません。そんなときは、

REAR = RIGHT

「後ろのギアは右側」とあらかじめ記憶しておくと、とっさの時も役に立ちます。

シフティングのタイミングは?

ではどんな時にシフティングすることで快適な走りになるのでしょうか?

1.ゆっくり走るときやストップ&ゴーが多い都市部での走行時は、フロントギアをインナーギアもしくはミドルギアにシフティングしておくと快適に走れるでしょう。

2.登りの手前では、フロントディレイラーをインナーにして、リアディレイラーはより軽めのギアにシフティングして登り始めるのがおすすめです。途中まだこげる余裕が出てきたら、リアディレイラーを何段か重くしてみると良いでしょう。

3.坂の多い状況や向かい風が激しい日などは、インナーギアとローギア周辺を使って足にかかる負荷を抑えめにし、ペダルの回転数を下げすぎないようにするのが効果的です。

4.上り坂を終えてからの緩やかな下り坂や追い風の場合は、その好条件を利用してアウターギアとトップギア周辺を使ってみましょう。驚くほどスピードアップができます。もちろんスピードの出しすぎには要注意ですが、安全と確認できれば非常に快適に走れます。

5.信号がない直線では、アウターギアにしてペダルの回転数を上げることで巡航、いわゆる安定した速度を保つことができます。このとき後ろのギアを重くしすぎると回転数も上がらず疲れてしまうので、筋肉に負荷を与えずに回転数を上げていくのがコツです。

シフティングの注意点

chainline
前後ギアのチェーンラインを示した画像です。推奨しているコンビネーションが左半分の2つ。チェーンへの負担や脱落の可能性があるため、おすすめしないコンビネーションが右半分の2つを表しています。

チェーンラインができるだけ車体と平行になっている左半分のコンビネーションがベターなシフティングです。逆に良くない右半分のコンビネーションは、チェーンラインがより斜めになってしまっている状態であり、あと1段重く、または軽くしたいと思ってもできません。ともに後がない状況になります。

それに加えチェーンラインがより斜めになってしまうと、フロントギアにチェーンが干渉しカラカラと音が鳴ったりチェーンの脱落が起きる可能性があります。最初の頃は気づくとそのような状態になっていることがよくあるので注意が必要です。

片側のギアだけではなく画像の様に前後ギアをバランスよく使うことで、チェーンやディレイラーに負担が掛からないギア位置を見つけることができます。最初は頭を使いますが、是非挑戦してみてくださいね。

まとめ

ギアシステムというのはアップダウンをはじめ様々な地形や天候に対応できるためにあります。
快適な走りと、余計な疲労を押さえるための方法として、効果的なシフトチェンジは大事ですね。

状況に応じたシフティングをまとめると、

■ 低速走行やストップ&ゴー=インナー or ミドル + トップとローの中間

■ 登り坂や向かい風が強い状況=インナー or ミドル + ロー寄り

■ 下り坂や追い風の状況=アウター + トップ寄り

■ 速度が安定した巡航状態=アウター + トップとローの中間

以上の組み合わせを参考にしてみてはどうでしょうか?ギアチェンジがうまくなれば、遠方へのツーリングやヒルクライムに挑戦など、サイクリングが今以上に楽しめるようになりますよ!

 

 

LOGO

東京・西新宿にてポーツバイクのメンテナンス、カスタマイズを中心に展開するサイクルショップ。パンク修理からオリジナルバイクの組立はもちろんのこと、駐輪施設と提携したメンテナンスサービスや通勤途中のトラブルの出張対応等、時間とスペースを有効に使った新しいスタイルを提案しています。

良いものを長く、大事に使い続けるためのメンテナンス方法やトラブルの原因を丁寧に深く理解できるワークショップも随時開催。年に2度、富士の大自然を目いっぱい楽しむサイクルイベント VIKING に加え、月に2度、猿田彦コーヒー協力のもとVIKING @ TOKYO と称した都内を走るコーヒーライドも主催しています。

詳しくはホームページ、Facebook で情報を発信中。是非ご覧ください。

Web:www.viking-the-maintenance.com
Facebook:www.facebook.com/viking.the.maintenance


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by VIKING the MAINTENANCE

都内のプロショップに10年間在籍後、2015年独立しVIKING the MAINTENANCE を設立。東京・西新宿を拠点にスポークバイクのメンテナンスとカスタマイズを軸に展開。同時に自転車通勤も応援。通勤中のトラブルの出張対応、駐輪場内でのメンテナンス等、時間とスペースを有効に使った活動を提案中!