広告掲載、FRAMEへの取材、ライター希望の方、記事転載の連携については、こちらよりお問い合わせください。

御社名 (必須)

ご担当者名 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ種類(必須)

メッセージ本文

This article has 1 comments

  1. オブライエン 敏 Reply

    プロがすすめる!安全性の高い自転車のライトとは
    http://jitensha-hoken.jp/blog/2016/10/bicycle-light/

    を読みましたが、全く参考になりません。

    まず、点灯の義務についてです。
    夜間に「点滅」ではライトが「消える」瞬間があるため、他者から自転車を見たときに位置や速度を把握しづらくなります。
    メーカーも「点滅」は「点灯」の補助として使うよう注意しています。
    道交法や条例の規定に関わらず、こういう記事では「点灯」を推奨すべきです。

    明るさの説明は単位を書いていますがチンプンカンプンです。
    どの明るさなら10m先の障害物を照らせるのですか?
    どのライトなら後方100mから視認されるのですか?
    実際に使用して、充分に前照灯の役割を果たすのは何ルーメン以上ですか?
    街灯の多い道路、少ない道路、まったくない道路で必要なライトは変わると思います。
    スピードによっても変わります。
    でも、どのライトを選べばいいのかよくわからないので、
    ほしいのはそういう情報なんです。

    たくさんの商品を紹介していますが、明るさもバラバラでどう選べばいいのかわかりません。

    「プロがすすめる」とするなら、もっと的確で有意義な記事をお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です