ここ数年で加入者増加中!?「自転車保険」の歴史を調べるお

はじめに

こんにちは。「マサルでもわかる自転車保険」運営会社の株式会社自転車創業の中島です。
今回のブログ記事は自転車保険の歴史や背景についてご紹介をしたいと思います。僕自身、以前に勤務していた会社で自動車保険の比較サイトの運営業務を行っていたこともあり、保険そのものの知識はそれなりにあるつもりでいましたが、僕たちがポータルサイトを運営している「自転車保険」が誕生した背景などについてはお恥ずかしくも無知だったため、今回のタイミングでちょっと調べてまとめてみようと思います。この記事を通じて、読者の方が自転車保険自体のここ最近増えている理由などについて見識を深めて頂ければ幸いです。

 

自転車保険の誕生と販売中止

5962704161_fa348e11d6_b

意外にも自転車保険の誕生はここ最近ではなく、今から30年以上前の1980年と古くからあります。ただ当時は保険料や販売実績に対して、事故件数の増加と賠償金の高騰により採算がとれなくなり、2010年3月頃までに損害保険会社各社で販売が中止されたそうです。以降自転車保険は自動車保険や火災保険などの特約という形式として細々と存続するか会員向けサービス保険の「JCA(日本サイクリング協会)」と「TSマーク」だけが残ることになりました。

 

震災以降に各社が再参入

8266216454_d24ba2b0fd_b

自転車ブームの加熱、スマートフォンの台頭、そして震災以降の自転車の価値の見直しなどにより、2011年3月以降、以下の通り各社が相次いで再参入しています。

過去の経緯や外部環境の変化から、業態は大きく変化しています。ネット完結型(特にauやdocomoなどのキャリアがモバイル完結型を提供)やセブンイレブンのマルチコピー機で申込ができるなど、申込に至るまでのコストの最小化によって、事業化が実現可能となっています。

 

まとめ

自転車保険が数年でここまで参入が増え、加入者も増加している背景としては、自転車の利用者増加に対して、交通インフラの再整備が整っていないことが考えられます。実際にここ最近起きている賠償事例の自転車事故が、歩道走行によるものがほとんどです。もちろん交通インフラが整えば必ず自転車事故がなくなるわけではありません。ただ起きてしまってからではどうすることもできないので、万が一の備えとしての自転車保険について検討してみてはいかがでしょうか?

中島 大

WRITTEN BY中島 大

「FRAME」運営元、株式会社自転車創業の中島 大です。

他の記事も読む

関連記事