今年もやってきた!自転車の祭典「PEDAL DAY」か?、東京の夏をさらに熱くする!?【後編】

今年て?5年目を迎える、夏の自転車フェス「PEDAL DAY」。7/19 ~ 8/31の期間を「PEDAL DAYS of SUMMER」として、夏の東京をみんなて?走るク?ルーフ?ライト?やハ?イクチャンハ?ラ大会なと?、自転車に関連した数多くのイヘ?ントを開催します。

そこて?今回は、【前編】に主催者の方々の声を、この【後編】にイヘ?ントの概要とその魅力をこ?紹介します。

「生活に密着した自転車の文化」を広け?ていきたい

DSC_4808

??ーー 「PEDAL DAY」開催の経緯を教えてくた?さい。

清田:本当に進んた?都市こそ、自転車都市になっている。そのような考え方は、都市計画やまちづくりに携わる人にとっては常識になりつつあります。た?からこそ、スホ?ーツて?はなく、通勤て?もなく、生活に密着した自転車の楽しみ方を発信し たかったんて?すよね。ヨーロッハ?諸国に比へ?、日本はインフラやマナーなと?か?また?また?“自転車後進国”て?すから。

そこて?、2010年にPEDAL DAY実行委員会の母体になる組織が自転車乗りの有志が集まって結成され、東京ミット?タウン・テ?サ?インハフ?にて「アシ?ア?ハ?シフィックの自転車生活テ?サ?イン展」を開催しました。自転車を集め、車種というカテゴリーで分けるのではなく、「働く」「遊ぶ」「走る」「食べる」「考える」の5つの動詞から自転車をわけて、そのライフスタイルと共に展示しました。そこで感じたのは、展示だけではなく、実際に自転車に乗るきっかけをもっとつくりたいということ。

今年は1日だけのイベントではなく、実際に自転車に乗るきっかけづくりとして、ライドイベントを多数企画しています。

ーー 第5回となる今回の「PEDAL DAY」の目玉は何て?すか?

DSC00052

??清田:毎年8月18日をPEDAL DAYにしようと勝手に決めていて代々木公園けやき並木て?開催しています。8っていう数字か?自転車のタイヤみたいし?ゃないて?すか、たた?それた?けなんて?すけと? (笑) 今年は月曜日て?すから、8月16日(土)17日(日)も国連大学前ファーマース?マーケット前て?イヘ?ントを行います。

今まて?4回やってきて、課題もありましたけと?、それを踏まえた上て?「生活に密着した自転車の文化」を広け?ていきたいと思っています。

また、今年の目玉て?すか?自転車ライト?ツアーか?熱いて?すよ。2020年の東京五輪に向けて、自転車環境の整備が今後進んで、自転車て?都内を回る需要か?増えてくるでしょうし、目標としては50本のライト?ツアーを開催したいと考えています。

倉本:具体的には「TOKYO PEDAL CRUISING」と題し て、様々なテーマのク?ルーフ?ライト?により、東京の魅力を再発見していきます。

例えは?、夏祭りと七福神を廻って、港区の喧騒と静寂を同時に楽しむ「港区夏祭り&七福神ライド」、東京都港区にある約130の坂のうち、約80の坂?(上り・下りそれそ?れ40ヶ所)を自転車て?巡る「Tokyo City Hill Climb MINATO」、港区内にある主要テレビ局を数時間で制覇するライド「東京デジタルライド」なと?なと?。

参加者た?けて?なく、ライト?を企画する人も募集中なのて?、この期間に東京を自転車て?楽しみ尽くしてほしいと思っています。自転車乗りか?つくる、年に一度の自転車フェスは見と?ころたくさん!

1234403_497436263683930_1727088086_n

ーー 他にもコンテンツ盛りた?くさんのようて?すね!

阿部:いろいろありますよ。自転車ショッフ?から趣味の自転車愛好家まて?フ?ロアマ問わす?出店する「PEDAL MARKET」、国連大学前広場て?自転車 映像の野外大上映会「BICYCLE MOVIE NIGHT」、 頭に紙風船、手には丸めた新聞紙を持って叩き合う「Bike Chanbara」、蹴って走る子供用の自転車のランハ?イクを使った「Run Bike Race」改めて挙げてみると、楽しそうなイべントがいっぱいですね(笑)

DSC_4793

??
??ーー 実は… 筆者の私も昨年のハ?イクチャンハ?ラ大会に参加して優勝しているんて?す。楽しかったて?す!

清田:そ、そうて?すか! 昨年はと?うも(笑) 小さいお子さんから、本格的なライタ?ーまて?幅 広い参加者か?いるのて?、きっと今年も1人ひとりにあった自転車の楽しみ方を発見て?きると思 いますよ!

ーー て?は最後に、今回の「PEDAL DAY」への意気込みをお願いします!

阿部:私は女の子のためのライト?企画を準備しています。具体的には、自転車やスケートボードに乗っている女の子チーム「SUGAR BOY」とコラホ?して、青山から代官山周辺お洒落スポットを巡るライト?イヘ?ントを行う予定て?す。これをきっかけに、私自身も自転車のある生活に入り込めたらと思っています。

清田:女性の方も含め、多くの人に参加してほしいて?すね。また、自転車を持っているた?けて?家に眠らせている人か?多いのて?、これをきっかけにまた頻繁に乗ってもらえたら嬉しいて?すね。

倉本:僕もこのイヘ?ントを通して眠らせている自転車を復活してもらいたいと思っています。そして、東京を自転車にマッチした環境に少しつ?つ変えていきたいて?すね。

清田:僕たちは行政のようにトッフ?タ?ウンて?道路のようなインフラを作る人にはなれません。て?も、自転車には乗れる。自転車を楽しむ人がもっと増えたら環境も変わっていくはす?なんて?す。具体的には、このイヘ?ントを通し?て500~1000人と、東京を自転車て?走る人か?増えたら良いなと思います。

10501694_854358984602698_6436997578070456305_n

今回5年目なのて?、た?んた?んとそういう雰囲気か?て?きてきました。せ?ひ、この記事を読んて?いる皆さんにも、自転車文化を広める1人として「PEDAL DAY」に参加してほしいて?すね。

<PEDALDAYの紹介>
2010年7月29日(木)から8月27日(金)まで東京ミッドタウン・デザインハブで開催された「PACIFIC PEDAL LIFE DESIGN アジアーパシフィックの自転車生活デザイン展」。クリーンでエコロジカルな移動手段として、 ファッションとして、 カルチャーとして、 そして新しいインダストリーとして注目を集めるようになった自転車。この東京だからこそ、 ひろがり、 つながる、 未来の都市と自転車と生活のデザインの可能性。 サステナブルな世界をめざして、 自転車とともにある理想の都市生活を考えた、この展示と連動するかたちで「PEDAL DAY」の第一回が2010年8月18日に開催されました。その後、夏の恒例自転車イベントとして毎年8月18日に開催され、今年で5回目を迎えます。

松田 然

WRITTEN BY松田 然

合同会社スゴモン代表兼ライター。旅をしながら仕事をするスタイルを取り入れ、自転車で日本全国47都道府県を走破。働き方や旅、自転車を中心にこれからのライフスタイルのヒントをブログなどで発信中!

他の記事も読む

関連記事