通勤・通学、あるいは休日のポタリング用に、クロスバイクやロードバイク購入を検討する人は多いでしょう。自転車店へ足を運ぶと、店内に展示されたバイクを眺めながら「どれにしようか」と考えこむ人々の姿が見られます。

同じクロスバイクやロードバイクでも、メーカーによって特徴が異なります。デザインはもちろん、メーカーの打ち出すコンセプトや価格毎のラインナップなども様々。さらに「いずれはレースにも出てみたい」と考えている人ならば、レースでの実績を気にする人がいるかもしれません。

そこで今回、多くのファンを持つアメリカの自転車メーカーである『キャノンデール』の中から、いくつかおすすめのバイクをご紹介しましょう。国内外のロードバイクレースでも優秀な実績を残しており、初心者からエリートまで満足させるラインナップが揃っています。

ロードバイクで自転車通勤はじめるならSYNAPSE


cannondale_synapsesora

(Photo by Cannondale


SYNAPSE SORA:110,000円(税別)

フレームにアルミ素材を用いたエントリーモデル。自転車通勤者には嬉しいリアラックマウントとフェンダー( 泥よけ)取り付けるのに十分なクリアランスがあります。レースモデルと比較して乗車姿勢を少し起こしてとることのできる設計でロングライドに向いています。

初めてのロードバイクに最適なCAAD8


c15_cm2027_caad8_sora_04_bbq.1409622108

(Photo by Cannondale


CAAD8 Sora:115,000円(税別)

フレームにアルミ素材を用いたエントリーモデル。ギアにSHIMANO社製のSoraを搭載していますが、その他にTiagraあるいは105モデルもあり、利用シーンに合わせて選べるのも特徴のシリーズです。レース用バイクの技術を応用したCAAD8は乗り心地もよく、長距離ライドも問題ありません。

ファンライドからレースまで視野に入れたCAAD10


c15_cm2023_09_rep_4_5.1409277426

(Photo by Cannondale


CAAD10 105:200,000円(税別)

ポタリングなどをメインとしながら、「いずれはレースも」と考えている方におすすめです。アルミのロードバイクとしては最高峰に位置し、ギアはSHIMANO社製の105を搭載。長距離ライドを楽しめる乗り心地と、レースにも耐えうる性能とを併せ持った1台と言えるでしょう。

レースを勝ち抜くSUPERSIX EVO


c15_cm2141_04_blk_2_1.1409192438

(Photo by Cannondale


SUPERSIX EVO105:240,000円(税別)

ロードレースに挑戦するのであれば、まさに最適な1台。世界最軽量のフレームは700gを下回り、フレーム等に使用されたカーボンはアルミをも凌ぐ強度を持ちます。柔軟かつ力強い走りは、多くのエリートライダーにも愛用されます。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!

ページ :