自転車に乗るメリット!ガッツポーズしたくなる瞬間をまとめました

※本記事はロードバイクLOVEの転載記事です。

自転車に乗っていると、思わずガッツポーズをしたくなるような瞬間があります。自転車に乗っているからこそ味わえるもので、自転車に乗るメリットと言ってもよいかもしれません。

どもロードバイクLOVEです。

自転車に乗っていると、

思わずガッツポーズしてしまう瞬間がみなさんにもありますよね。

私もちょいちょいありますw

自転車乗り以外にはなかなか共感されにくいのが難ですが、

ちょっとでも自転車に乗っている人なら「あるある!」とヒザを打つことがあると思います。

それでは、8つ紹介します。

1.電車より、早く目的地に着いたとき

都内、とくに山手線内なら、自転車のほうが早いことはふつうです。

たとえば、赤坂見附から新橋(2.7キロ)にいくことを考えてみましょう。東京メトロ銀座線で所要時間は5分。自転車だと8分で着きます。(目安として、1キロを3分で走るので)ん?自転車のほうが遅いじゃん?と思うかもしれないですが、ドアツードアでは自転車が勝つことがままあります。

というのも、駅というのは、家(とかオフィス)から駅まで行く道のり、階段を登り降りする時間、改札を通ってプラットホームを歩く時間がかかるわけです。

その点、自転車なら文字通りドアツードアで移動できます。トータルでみると、都内で5キロ圏内なら、ヨーイドンで出発して、高い確率で自転車が先に着いてしまうことが多いです。しかも、自転車はゼロ円で移動できてしまっているわけで、二重の意味でガッツポーズですね!

2.坂を降りる途中、信号が青に変わり、そのまま走って抜けれたとき

自転車乗っててブルーになるのが、坂の下で信号に足止めを食らうことです。なんたって、発進時に余計な体力を使わせられますからね。なので、下っている途中に信号が青に変わって、減速することなく交差点を突き抜けられると、心の中でガッツポーズしちゃいます!

3.片道で500円以上、交通費を節約できたとき

交通費を使うことなく、長距離を走ったときの達成感と言ったら、ないですよね。わざわざ駅探でルートを調べ、節約できた金額を脳内算出して、うれしくなります。まあ、たいていランチ代か補給食費用でチャラになってしまうんですが。

4.1日の走行距離が100キロ超えたとき

ロードに乗ると、1日100キロってのがひとつのカベになります。100キロを初めて超えた瞬間って、ガッツポーズしちゃいます。疲れてぐったりでもこの瞬間の喜びはあります。で、その日のことは、ずっと忘れない。まあ、すぐに150キロって目標ができて、だんだん距離感がおかしくなっていくものですが。

 

続きは「ロードバイクLOVE」の元記事をご覧ください。
「自転車乗りが思わずガッツポーズする8つの瞬間」(ロードバイクLOVEのページ)

提供元:
ロードバイクLOVE

UG

WRITTEN BYUG

沖縄県出身。横浜国立大学中退後、BBT大学に1期生として入学し2014年卒業。同年3月より当社にてインターン開始。BBT大学院MBAを史上最年少修了。Venge Pro ViASに乗っています!

他の記事も読む

関連記事