ロードバイクを買うなら知っておきたい!自転車のペダルの種類

自転車のペダルには、さまざまなタイプがあります。もちろん、完成車にデフォルトでついているものも機能性に問題はありませんが、より自分に合ったものをセレクトして、取り付けることも可能です。ペダルを変えることによって、引き足を使えることになり、ペダリング効率を大きく上げることができます。では、選択肢として具体的にはどのようなペダルがあるのでしょうか?この記事では、自転車のペダルの種類についてまとめてみました。

フラットペダル

41200px-13-01-06-fahrradkram-05
自転車のペダルと聞いて多くの方が思い浮かべる一般的なペダルが、「フラットペダル」です。
フラットペダルの中にもさまざまなタイプがありますが、最も一般的なのが「両面ノーマルペダル」です。アルミやスチール製で、いわゆる「両踏みペダル」とよばれているものです。漕ぎやすさが一番の特徴で、カラーバリエーションも豊富に展開されています。
しかし、両面とも同じデザインであるため、トゥークリップやトゥーストラップなどの取り付けには向いていません。最近では、トゥークリップ対応の「片踏み」タイプも出ており、人気を集めています。
フラットペダルにはこの他、マウンテンバイクのダウンヒル競技に使われる「デカペダル」などがあります。デザイン性にも優れており、街乗り用にもぴったりなアイテムがたくさん販売されています。

ビンディングペダル

61161px-Look_clipless_pedal_-_topview
スキー板とスキーブーツを固定する仕組みをヒントにしたのが、ビンディングペダルです。ペダルに足が固定されることで効率の良いペダリングが実現できるため、特にレースなどで用いられます。
ビンディングはペダルの片面のみについており、固定用の部品、「クリート」がペダルに付属しています。クリートは複数のメーカーのものがありますが、ペダルごとに専用化されていて、互換性はありません。部品で購入する際は、ペダルのタイプをよく確認しましょう。
付属のクリートを専用のシューズに取り付けて、ペダルとシューズを固定するタイプのビンディングペダルは、速いスピードを楽しみたい人にぴったりです。

マウンテンバイク用ビンディングペダル

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事