中古ロードバイク購入のメリット・デメリットとおすすめ中古ショップ

ロードバイクに憧れを抱く方は多いかと思いますが、そこで気になってくるのは、やはり値段でしょう。比較的手の届きやすい中古ロードバイクの購入は、実現性の高い選択肢であると言えます。

しかし、中古ですから、状態はさまざま。ある程度のリスクは覚悟しておく必要があります。

この記事では、中古ロードバイク購入のメリット・デメリットのポイントと、おすすめの中古ショップをご紹介しています。高くても新品が良いのか、掘り出し物の中古を探すのか、悩んでいる方は決断する前にぜひ最後まで読んてみてください、必見です。

※ロードバイクの選び方を知りたい方はまずこちらをご一読ください!

中古ロードバイク購入のメリット

価格の安さ

17063139357_d12317da12_z
中古ロードバイクのメリットは、なんといっても価格の安さです。人気のロードバイクは中古車市場も確立されているため、さまざまなモデルを探すことができます。

近くに中古のロードバイク専門店があれば、実際に見て相談もできます。まれに未使用の新古品もあるため、こまめに覗いていると、掘り出し物をゲットすることも可能です。

近所にお店がない場合は、中古のロードバイク専門店の通販やオークションを利用して購入できます。この場合、送料が別に必要となるため、あらかじめ調べておくことが必要です。

車体の選択肢が広がる

また、中古ロードバイクのメリットは選択肢の幅が広がることにもあります。新品となると、予算と希望商品の幅が狭まってしまうのに対し、中古の場合は幅広いモデルから検討することができます。

ただし、通販やオークションなどでは、商品の状態によっては追加のメンテナンスが必要となる場合もあるため、ロードバイクのメンテナンスについてある程度の知識を備えた上で検討することをおすすめします。

中古ロードバイク購入のデメリット

購入後に調整が必要

diy-617763_640
中古ロードバイクのデメリットは、調整が難しい点にあります。中古で安く購入できても、ほとんどの場合は自身での調整が必要です。

自分でロードバイクを調整できれば問題ありませんが、ロードバイク専門店や大型自転車店に持ち込んで調整してもらう場合、工賃だけで数万円かかる可能性もあるため注意が必要です。

中古ロードバイクを購入する際は、セルフメンテナンスの技術を身に付けておいた方が良いでしょう。

参考:
自転車メンテナンスの記事はこちらからどうぞ。
自転車メンテナンス(当ウェブメディア内記事)

サイズが合わない可能性がある

また、中古のロードバイクを通販やオークションで購入する場合、ほとんどが「完成車」の状態になります。そして、フィッティング(サイズ合わせ)をすることなしに購入することになるため、どうしても自分の体に合わないリスクが発生するのです。

ロードバイクのフレームサイズは、S、M、Lなどのサイズ分けで説明されていますが、メーカーや年式によってフレームの長さや角度は違います。実際に乗ってみるとかなり大きさが違うため、フィッティング(サイズ合わせ)がとても重要なのです。

専門知識のないロードバイク初心者が、フィッティングなしに中古を購入するのは、かなり危険と言えるでしょう。
思っていたよりも小さい…またその逆もしかり。エントリーモデルですら低価格とはとても呼べないロードバイクにおいて大きさのミスは重大です。

消耗品の交換が早い

さらに、ロードバイクは速く遠くに移動できるという特性から、新品でも他の自転車と比べて消耗品の交換タイミングが早いものです。つまり中古品の使用度や保存状態にもよりますが、安く購入しても、チェーンやワイヤーケーブル、タイヤやチューブなどの消耗品をすぐに交換しなければならないなど、結果的に費用がかさむ場合もあります。

中古販売価格よりも多くの金額がかかると考えておきましょう。

おすすめの中古ショップ

2779185414_1810a0935f

中古のロードバイクの主な購入先には、中古品の買い取り販売専門店とオークションあります。

専門店では、「クラウンギアーズ」「サイクルパラダイス」「サイクリー」「バイチャリ」「サイクルハンター」などがおすすめです。こちらは何れの店舗も、実店舗と通販で展開しています。

オークションでは、オークションサイト最大手の「ヤフオク」を使用してみてください。ロードバイクの出品数が多く、豊富な選択肢の中から選べます。

専門店やオークションサイトをこまめにチェックすることで、掘り出し物が見つかる可能性があります。

またオークションでの購入する際は「譲渡証明書」という書類をインターネットで検索して印刷してもらい、必ず出品者(前オーナー)の人に書いてもらって商品と共に受け取ってください。

譲渡証明書がないと以前のオーナーが防犯登録をしている場合、新しいオーナーである購入者の名前で防犯登録ができなくなってしまいますし、中古販売店に買い取りに出すことも難しくなってしまいます。

おわりに

初心者が中古のロードバイクを購入する場合、ある程度のロードバイクの基本的な知識を備えていること、そしてセルフメンテナンス能力を磨いておくことが重要です。

単に「安いから」と安易に手を伸ばすのではなく、リスクを理解した上で、自分に合ったモデルを手に入れましょう。そうすれば、充実したロードバイクライフを送れることでしょう。

また自分でわからない症状やメンテナンスの必要性を感じたらお店に持込む決断をするのも大事です。万が一の事故が起こってからでは遅いので中古で購入したロードバイクであっても、きちんと整備して乗るように心がけてください。

ロードバイクに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事