自転車!アウトドアのお出かけで必要なグッズ10選

地図

携帯やスマホに地図機能がついているから要らないと思われがちですが、電波状況や電池切れの心配のない地図は、道に迷ったときに大きな助けとなります。

目的地の自転車用マップやバイクツーリングマップには、おすすめスポットや交通情報なども掲載されているため、最新版を手に入れておくと便利です。

テント

キャンプは野宿です。きちんと休息をとるには、虫や夜間の冷えを防ぐためのテントは必需品となります。自転車のサドルや後部にくくりつけて運ぶことになりますから、軽量でコンパクトに収納できるドーム型テントなどがおすすめです。

アウトドア専門店や通販サイトなどで3,000円前後から手に入りますから、人数や重量表記を確認して、なるべく軽くて機能的なものを選びましょう。

寝袋

良質な睡眠は、翌日の安全なサイクリングのために必要不可欠です。毛布や重ね着よりずっとコンパクトで、荷物が少なくて済む寝袋は、アウトドアの必需品と言えます。収納サイズや重量、最低使用温度を確認して選びましょう。

通販サイトや専門店で1,000円前後から購入できますが、ここで気をつけたいのが最低使用温度です。季節や地域に合わせて夜間の寒さがどれくらいなのか事前にリサーチするか、専門店に相談するのも賢明な手段です。

輪行バッグ

初心者の自転車アウトドア旅では、メンバーの体調不良など、途中で自転車を降りて交通機関を利用する場合もあります。一部の都市では自転車をそのまま乗せられますが、一般的には交通機関の利用には輪行バッグの使用が義務付けられているため、これは必ず持っていきましょう。

自転車専門店やネットなどで3,000円くらいから手に入ります。重量は、超軽量のもので300g前後になります。自分の自転車にあった、軽量で持ち運びやすいタイプを選ぶことが大切です。

旅先で困らないよう、事前に自転車の解体や組み立てをマスターしておくことも大切ですが、輪行バッグがあると、安心して旅を楽しむことができます。

おわりに

自転車でアウトドアに出かけるとき、ぜひ持っておきたいものをご紹介しました。旅を重ねるうちに、自分にとっての必要・不必要も見えてきます。今回ご紹介したものに加え、自分に合った持ち物を見つけていってください。

準備の段階からしっかりと楽しんで、快適な自転車の旅に出かけましょう!

アウトドアに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事