BHのおすすめロードバイク6選

堅実で確かな走り。ライダーのライディングを徹底的にサポートしそれでいて変なクセがない。BHは乗り手を選ばないため好んで乗られる方も多いと思います。

また主戦力の自転車以外にも銀行や採掘業、フィットネスなど様々な業種にも手を伸ばしており、その積み上げたノウハウを積極的に技術変換して開発へつぎ込んでいるのでより信頼できるメーカーともいえるでしょう。

※ロードバイクの選び方を知りたい方はまずこちらをご一読ください!

初めてのロードバイクに-Sphene 105

sphene 105
「スポーツサイクルを始めてみたいけど、荷物が詰めないのや、そもそも車体選びで失敗したくない」とお考えの方にお勧めしたいのがエントリーモデルの[Sphene 105]です。

信頼の105コンポーネントを採用し、ポジションは比較的アップライトな位置に設定。またリアキャリアを設置可能なダボ穴が標準搭載されているため日常生活でも十分使用できる設計となっております。

もちろんカスタムによってはロングライドやビギナーズレースへの参加も視野に入れることが出来るので、初めての一台としては最適ではないでしょうか。(参考価格:150,000円)

ちょっとした悪路も軽快に-Sphene Tiagra Disc

sphenetiagradisc
ディスクブレーキ搭載のシクロクロス[Sphene Tiagra Disc]は高い振動吸収性能を誇り、また[Sphene 105]と同じくリアキャリア搭載可能車両となっております。

汚れが詰まりにくいディスクブレーキは万が一の時でも確かな制動性を発揮し、あなたの安全を保障してくれるでしょう。「我が道を行く」ライダーさんには最適です。(参考価格:140,000円)

圧倒的な剛性-Prisma 105

sphene tigagra white-green
電動式と機械式の両コンポーネントに対応し、大きくしなっているシートステーは高い振動吸収性を発揮。カーボンバイクとしては安価でありながら高い剛性を誇り、コストパフォーマンスの良い機体となっております。

ロングライドにおいては疲れ知らずとなるので、気ままに自転車旅を楽しみたいという方に[Prisma 105]はお勧めです。(参考価格:220,000円)

だれよりも遠くへ-Quartz 105

Quartz 105
上記の[Prisma 105]の上位機に当たるのがこの[Quartz 105]です。全体的にアップグレードされており、またボトムブラケットはBB386 EVOを採用しているため圧倒的な軽さで驚くほど快適にペダルを回すことが出来ます。

タイヤも安定性を重視した28cですので多少疲れがたまってきた時でも安心。より遠くへ、誰も見たことがない景色を探し求めるなら、是非とも選びたい一台です。(参考価格:260,000円)

オールラウンダー向け-Ultralight 105

ultralight105
数多くのロードレーサーが自転車へ求めるものは圧倒的な軽さ。しかしそれを追及すると必ずどこかで剛性等の面を犠牲にしなければならないのが今までの常識でした。

しかし、[Ultralight 105]は違います。軽さと耐久性を両立させ、ヒルクライムにもロングライドにも対応。

少々固めのフレームはあなたの踏み込みに対して俊敏に反応してくれるでしょう。全ての局面で高みを目指す方に最適です。(参考価格:390,000円)

どんな登りにも対応-Ultralight Evo Dura Ace

Ultralight Evo Dura Ace
上記に紹介した[Ultralight 105]のクライムバージョンが[Ultralight Evo Dura Ace]です。

フレームはHCIM技術により100gも軽量化され、これまでにない快走感を実現。

今までヒィヒィいいながら登っていた坂も平地同然となり、あなたの走りを一つ上のランクへ押し上げてくれること間違いなしです。(参考価格:900,000円)

BHを選ぶにあたって

BHはどちらかというとロングライドやヒルクライムを得意とするメーカーです。

もっとも、弱虫ペダルの泉田君の様に全身スプリントマシーンとなるなら別ですが(ちなみに、一番初めに紹介した[SPHENE]が恐らく彼の所有しているモデルです)、その土台には軽量&剛性といった前述した用途に合った技術が詰め込まれています。

ご自分のスタイルをよく研究し、ピッタリの一台を見つけてあげてくださいね。

ロードバイクに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

onzk

WRITTEN BYonzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。

他の記事も読む

関連記事