【保存版】どうすればよい?!使わなくなった自転車の処分方法

季節の代わり目や引っ越し、新品への切り替え時に考えなければいけないのが「自転車の処分方法」。いざという時に何から始めたら良いか分からない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は自転車の処分のしかたをまとめました。

なお、お住まいの自治体によっては例外もあるかと思いますので、最終的な判断は地域のルールに従ってください。

粗大ごみとして自治体に回収してもらう

ji1
多少お金のかかる選択ですが、引っ越しの大型ごみと一緒に出すなら効率も良いです。
民間の回収業者に回収してもらうよりもコストが安いことが多いので、何かとまとめて持ち物を軽くしたいときにお勧めです。

一例として東京都文京区の場合、16インチ以上の自転車の処分費用は700円です。

自転車の処分ついでに、身の回りの整理もしてみてはいかがでしょうか。

自分で処分場に持ち込む

ji2
自分の理想の処分価格を探せるので、時間に余裕の方に考えてもらいたい選択。

車に自転車を載せて周れる人など直接持ち込める人に限られますが、なるべく処分コストをかけたくない方にはおすすめです。例えば東京都足立区では、不法投棄防止対策の一環として、家庭で不用になった自転車を無料で引き取ります。

(参考)足立区ホームページ

引っ越しの時に業者に頼む

ji3
引っ越しで要らなくなった家具や捨てる決心のついたものと一緒に業者に頼めば、手軽に回収してもらえる可能性があります。引取の場合は、引越し業者によって無料・有料と異なるので、見積もりの際に確認しましょう。

自分で処分先を探さなくても良いので、引っ越し前の負担を減らすことができます。下記のリンクで各引っ越し業者のオプションサービスをチェックできます。
引っ越し侍 各引っ越し業者のオプションサービス

民間の業者に委託する

ji4
費用は割高になる可能性が高いですが、自分の決めた日時に回収に来てくれるので、時間に余裕のない方には便利です。自分で車に乗せて処分先を探す必要がないので、精神的にも有効な方法だと思います。

自転車処分.comでは、部品が欠落していたり動かない自転車や子供用の自転車でも引き取ってもらえます。回収エリアは一都十県。しかもなんと、中部地区では無料で(放置自転車も無料処分可)引き取りをしてもらえます。

また、パワーセラーでは、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県が対象で、自転車一台につき2000円で回収を行っています。(他に処分品が無く、壊れた自転車1台のみを廃棄する場合、不用品回収ルートや、都合に合わせて、費用が6,000円〜8,000円)。

参考:
無料自転車処分.com
パワーセラー

中古店に売る

ji5
ロードバイクやクロスバイクは処分してしまうよりも売った方がお得な場合も。愛車を手放すのは心が痛みますが、新しい持ち主に希望を託す選択肢を考えてみましょう。出張・来店・運送買取などから自分の好きな方法で買い取ってもらえます。

買取の方法はまず、インターネットや電話を通じて都合の良い日時に申し込みをします。当日、指定の場所または店舗で査定をしてもらったら(一部ネット査定も可)手順は終り。あとは現金をもらって完了です。

また、古い自転車はもちろんパーツの状態が良ければ部品のみの買取も受けてくれる場合があります。さらに、希望すれば自転車のみならずウェア、シューズ、アクセサリーなども一緒に買い取ってくれます。以下に、買取時に必要になる書類を紹介します。

参考:
中古ロードバイク購入のメリット・デメリットとおすすめ中古ショップ

買取に必要な書類

買取にあたって必要な書類は以下のようなものがあります。

本人確認のできる身分証明書(免許証、パスポート、学生証など)
自転車購入を証明できるもの(購入時の領収証、保証書)
防犯登録の控え

最後に

上記に挙げた5つの方法、参考になったでしょうか。皆さんが思っているよりも簡単にできそうな方法や面倒だと思われる方法もあったと思います。

私は以前、通りがかった一軒家の庭先に「買ってください一台5000円」と張り紙のついた自転車を見かけたことがあります。新品ではなかったので、買い手がついたのか分かりませんが、早急に処分が必要ではない場合は、あえてじっくり新たな持ち主を探してみるのも良いかもしれません。

米谷あひる

WRITTEN BY米谷あひる

自転車で北海道の緑地を走る大学生ライター。ママチャリに乗って周りの田畑を見下ろしながら、一人で歌うのが大好き。

他の記事も読む

関連記事