1つあると便利!アウトドア時も使えるスポーツサンダル6選

スポーツサンダルといえば、夏のカジュアルスタイルの定番アイテムです。最近ではファッション性の高いものも多く販売されており、おしゃれなタウン履きとしてもニーズが高まっています。

「さまざまなブランドの中からどれを買うべきか」と悩む皆さんのために、ここではデザイン性と機能性を兼ね備えた6つのスポーツサンダルをご紹介します。タウン履きにも、サイクリングなどのアウトドアスポーツにもぴったりなアイテムばかりです。ぜひ参考にしてみてください。

Kaepa(ケイパ)の「ソフトタッチウォーターマリンシューズ」


(アルージェ) ARUGE Kaepa 親子ペアで使えるソフトタッチウォーターマリンシューズアクアシューズ / P3L

ケイパ は、1975年に誕生したアメリカのスポーツシューズブランドです。チアリーディングやバレーボールのサポーターブランドとしても知られています。

そんなケイパの「マリンシューズ」は、靴全体の柔らかさと伸縮性が特徴です。内側の縫い合わせがないことで靴擦れしにくく、フィット感もあるため、素足のような快適さを実現しています。

速乾性・排水性に優れたメッシュアッパー素材が採用されており、水の中でも靴が重くならず、洗っても直ぐに乾きます。手で絞って脱水できるほどの柔らかさと耐久性は、自転車でのアウトドア旅にもぴったりです。さまざまなパターンの凹凸が組み合わさった靴底は、滑りやすい場所でも足場をしっかりとキープしてくれます。

サイズは18cm?28cmの全11種類が展開されており、価格も税込み1,995円とリーズナブルです。家族みんなでお揃いにすることもおすすめします。

SHAKA(シャカ)の「フリーフォール」


[シャカ] SHAKA FREEFALL

南アフリカ共和国のサンダルブランドであるシャカは、1990年代に多くのファンに愛されたものの、アパルトヘイト後の混乱の中、2000年前半に一度消滅しました。しかし、十数年の時を経て復活し、再び注目を集めています。

そんなシャカの「フリーフォール」は、復刻当時からの人気シリーズです。90年代に特徴的なソールの形状、クロスした発色の良いウェビングテープをはじめ、くるぶし部分に左右に配置されたプラスチックパーツやアーチの角度まで、忠実に当時のデザインが再現されています。

復刻にあたり軽量化されたことに加え、ソールの強度・クッション性・足入れなどの機能性も高められ、日本市場に合わせた規格の見直しもなされました。ワイズ・踵カウンター・甲高のフィット感が向上し、インソールは土踏まずのアーチをやや高く変更して、歩行時の負担を軽減するつくりになっています。自転車のライディングにも、街中のおしゃれ履きにも適しています。

価格は税込で8,424円です。デザイン性と機能性、そして注目度の3拍子を兼ね備えた一足です。

Teva(テバ)の「ハリケーンXLT」


[テバ] Teva M Hurricane XLT

1984年、グランドキャニオンのリバーガイドによって生み出されたテバのサンダルは、フットウェア界に革命を起こした世界初のスポーツサンダルです。そんな歴史を持つテバの「ハリケーン」シリーズは、3点で足をホールドする独自のストラップシステムを採用した、テバの代表的なサンダルとして知られています。

EVAインソールによる快適な履き心地と、日常生活に必要な機能性と耐久性を備え、アウトドアからタウンユースまで、あらゆる場面で活躍してくれます。

かかとに搭載されたポリウレタン・EVA製のシューパッドが、着地時にかかる足への衝撃を和らげます。

また、環境にも優しい亜鉛を使用した技術で細菌と真菌の繁殖を抑制することに加え、素材に埋め込まれた抗菌製品の保護作用で、水洗いしても防臭効果が長持ちします。足に熱がこもりやすく、天候変化で水濡れすることもあるサイクリングのお供には、打ってつけといえるでしょう。

価格は税込みで7,344円です。強靭さと機能性の見事な調和が、アウトドア派にはたまらない魅力になっています。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事