美しいフレーム!DE ROSA(デローザ)の2016モデルロードバイク

ハートのアイコンが印象的なDE ROSA(デローザ)。フレームの美しさは一級品で、特に金属系フレームの接合部の滑らかさは芸術の領域でしょう。’02年から取り扱いの始まったカーボンフレームについても、金属系のフレームとは対照的な曲線を描き出し、見事な対比を表現しています。そんなDE ROSAの2016モデルが発表されましたので、いくつかご紹介したいと思います。

※ロードバイクの選び方を知りたい方はまずこちらをご一読ください!

DE ROSAテクノロジーの集大成 – SK

image04

(出典:DE ROSA)

PininfarinaのデザインとDE ROSAの技術が注ぎ込まれた[SK]は、徹底的なエアロ構造により驚異的な巡航速度を可能としています。

ブレーキはフレームへマウントされているため確実なスピードコントロールが可能。

また、BB周りやヘッド周辺の剛性が過去のものと比べると格段にアップしているので、安心して体を預けることができますね。(参考価格:384,000円)

誰にでも扱いやすいミドルレンジ – Nick

image05

(出典:DE ROSA)

安定した性能が売りの105をコンポーネントへ採用し、マッチするように設計された柔らかめのフレームはライディングを嗜好の時間へと変えてくれます。

振動吸収性に優れた[Nick]はロングライドにおいて最もその真価を発揮することでしょう。アップライトなポジションで疲れ知らず。

全く新しい世界をあなたへ見せてくれるはずです。(参考価格:329,000円)

可愛らしい見た目に秘められた性能 – IDOL

image03

(出典:DE ROSA)

これまで多くのファンを魅了し続けてきた[IDOL]。アイコンがここまでマッチングするカラーリングとフレームもなかなか無いでしょう。

ヒルクライムでもスプリントでもロングライドでもマルチにこなせるオールラウンダーバイク。まさに、“アイドル”の名にふさわしいですね。(参考価格:268,000円)

初めてのDE ROSA – PLANET

image01

(出典:DE ROSA)

エントリークラスが存在し無いDE ROSAですが、この[PLANET]は初めてのDE ROSAデビューにはもってこいの機体でしょう。

上位モデルと同等のカーボンクオリティで設計れたフレームは軽く、かつ剛性の高さが特長です。クセがないためこれからスポーツサイクルへ乗ろうと考えられている方にも最適。

最初の一台はこれで決まりですね。(参考価格:240,000円)

DE ROSA伝統の技術 – Age

image00

(出典:DE ROSA)

フィレットブレージングと呼ばれる溶接法は見た目の美しさはもちろんのこと、素材の金属組織を壊すことなく形成できるできるため長期間にわたって最大限のパフォーマンスを発揮し続けます。

カーボンにはない独特な反応がライダーを楽しませ、ライディングそのものがより楽しくなるはずです。(参考価格:398,000円)

DE ROSAの真骨頂 – TITANIO solo

image02

(出典:DE ROSA)

チタン素材を採用し、全く新しい可能性を導き出した[TITANIO]は多くの面で人々を魅了し続けてきました。

2016モデルから新たに加わった[solo]は伝統的なロードバイクのビジュアルを醸し出しながらも電動コンポーネントへ対応。もちろんメカニカルな非電動式も搭載可能なので好みに合わせて使い分けることができます。

ダウンチューブの両端は楕円形の断面加工によってねじれに対する剛性を増しており、多少の無理難題でも気持ち良く応えてくれるはずです。(参考価格:960,000円)

最後に

DE ROSAの2016は前年度モデルから確実にグレードアップしてきています。

伝統を守りながらも、その性能には目を見張るものが目白押し。どれを選んでいいか迷ってしまうくらいですね。

ロードバイクに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

WRITTEN BYonzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。

他の記事も読む

関連記事