GIANT(ジャイアント)の2016注目モデル!定番のクロスバイクからエアロロードバイクまでおすすめ10モデル

安価でありながら高い性能を秘めているためコストパフォーマンスが非常に高いGIANT(ジャイアント)。その2016年モデルは多くの機体がバージョンアップされ、よりハイスペックなものへと変化しています。これからスポーツバイクを始められる方はもちろん、経験者の方でも興味を惹かれるようなバイクを、ロードバイク、シクロクロス、クロスバイク、マウンテンバイクの順にご紹介します。

GIANT(ジャイアント)とは?

1972年創業の台湾の自転車メーカー。OEM(委託生産)により培った技術力が強みで、高級自転車では世界最大規模を誇ります。世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」では、2002年にジャイアント・オンセチームでチーム優勝、個人総合でも2位となるなど、サイクルロードレースでの実績も折り紙つき。

高い生産力と品質で実現した自転車は、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。また最近では、女性のためのサイクリングブランド「Liv(リブ)」を立ち上げ、サイクリストファンを拡げるブランド展開にも力をいれています。その中でもこれからスポーツ自転車を始めたいと考えてている方に、エントリーモデルを中心にご紹介します。

GIANTのアルミロードバイク2016モデル

エントリーモデルとしては最適 – DEFY 1

image02

(出典:GIANT

初めてのロードバイクとして選ばれる方が多い[DEFY 1]。コンポーネントは105であるため信頼性が高く、なおかつ重量も10kgを切るなど非常に扱いやすい一台となっています。大きな特徴としては振動吸収性に優れる“D-FUSEカーボンピラー”を採用しているためライダーの負担を大きく軽減してくれるでしょう。(参考価格:145,000円)

女性のために造られた一台 – Liv AVAIL 1

image00

(出典:Liv(GIANT)

女性の身体構造へ合致した専用のジオメトリーで製造された[AVAIL 1]は、それまでウーマンライダーの皆様が抱えられていた不安を完全に払拭してくれます。上記[DEFY]シリーズよりもアップライトなポジションで楽に走行でき、万が一のためのサブブレーキを搭載。145cmから乗車可能の豊富なサイズ選択ができる点も嬉しいですね。(参考価格:140,000円)

2016新登場のアルミエアロロード – PROPEL SLR 2

giant_propelslr2

(出典:GIANT

GIANTのエアロロードラインナップである[PROPEL]に、2016年モデルから登場したアルミフレームモデルのエアロロード〔PROPEL SLR 2〕。重量はカーボンエアロロードモデルの[PROPEL ADVANCED 2]と比較しても200gしかかわらず、価格は20万円を切る価格を実現。はじめてのロードバイクでエアロロードバイクをと考えている方にはおすすめの1台(参考価格:195,000円)。

GIANTのカーボンロードバイク2016モデル

カーボンロードバイクのエントリーモデル – TCR ADVANCED 3

giant_tcradvanced3

(出典:GIANT

カーボンフレームながら20万を切った価格設定が魅力のエントリーモデル〔TCR ADVANCED 3〕。コンポーネントは「SHIMANO TIAGRA 20s」でロードバイクをこれからチャレンジするには最適なスペックです(参考価格:180,000円)。

1つ上のグレードになる〔TCR ADVANCED 2〕は、〔TCR ADVANCED 3〕から2万円高くなりますが、コンポーネントが「SHIMANO 105 22s」となり重量も500g軽量となることから、長く乗ることを考えて少しスペックを高めにしたい方にはおすすめなモデルです。

女性向けカーボンロードバイクのエントリーモデル – AVAIL ADVANCED 3

giant_availadvanced3

(出典:Liv(GIANT)

カーボンフレームにディスクブレーキを装着したモデルの〔AVAIL ADVANCED 3〕。ロングライドや山道などの走行を楽しみたい方には、制動力の高いディスクブレーキもありおすすめです(参考価格:190,000円)。

レースの出場をチャレンジしてみたい方は、アルミロードバイクの〔AVAIL〕モデルか、エアアロロードバイク〔ENVIE ADVANCED 2〕なら20万円台前半で手に入れることができます。

エアロフレームをこの価格で – PROPEL ADVANCED 2

giant_propeladvanced2

(出典:GIANT

夢のエアロフレームが20万円で手に入る…力強いビジュアルに魅了されたファンにとってこれほど嬉しいことはないでしょう。

105クラスながらも確かな実績で高い巡航性能を誇る[PROPEL ADVANCED 2]はその夢を実現してくれます。また特徴的なのはこの手のフレームにありがちな登りに対しての弱さを全く感じさせないこと。

ヒルクライムでもガンガン攻めていけるオールラウンダーモデルです。(参考価格:225,000円)

GIANTのシクロクロス2016モデル

オンロードでもオフロードでも – TCX ADVANCED PRO 2

image05

(出典:GIANT

8.9kgという超軽量フレームでありながら剛性を兼ね備えた両立型シクロクロス[TCX ADVANCED PRO 2]。路面からの不要な振動を吸収し、必要な情報のみをライダーへ伝達する事に長けているモデルです。ブレーキは泥詰まりに強いSHIMANOの[RS785]ですので安心して身を任せられますね。(参考価格:280,000円)

GIANTのクロスバイク2016モデル

GIANTを代表するクロスバイク – ESCAPE R 3

image01

(出典:GIANT

クロスバイクのベストセラーとして多くのファンへ愛されている[ESCAPE R 3]。MTBよりなコンポーネントとフレームの設計ですが、700x28Cのタイヤは耐久性を高めながらも転がり抵抗を抑えた非常に相性が良い組み合わせとなっております。毎日の通勤通学にはもちろん、週末に少し遠出…という期待にもしっかりと答えてくれる素晴らしい一台です。(参考価格:55,000円)

GIANTのマウンテンバイク2016モデル

里山トレイルにチャレンジするなら – TALON 27.5 3

giant_talon2753

(出典:GIANT

アルミフレームに油圧ディスクブレーキを備えた本格的ハードテイルマウンテンバイク。クロスカントリーレースへの出場やトレイルライドにチャレンジされるには十分な装備です。

この装備で価格も10万円を切るモデルなので、マウンテンバイクのエントリーにはおすすめな1台です。(参考価格:75,000円)

山を攻略する – GLORY 27.5 1

image04

(出典:GIANT

剛性を高めたアルミフレームはサスペンションとの連動性が非常に良く、ライダーはストレスを感じる事が無きに等しいほどです。高速走行でのハンドリング思い通りで、まさにトップアスリートのために製作された機体です。(参考価格:450,000円)

購入は直営店のジャイアントストアがおすすめ!

giant_store_nikotama

(出典:GIANT STORE

東北~九州まで17店舗あるジャイアントストア。直営店ならではの幅広いラインナップと経験値の高いスタッフによるサポート体制が受けられます。

ジャイアントの試乗車も豊富に取り揃えており、ひとりひとりにあったフィッティング調整をしてくれることもおすすめポイントです。

最後に

流石はGIANTといったところでしょうか。他のメーカーに比べると安価な価格設定のため手を出しやすく、すぐさまその性能を体感する事ができます。あなたにあった一台が見つかるといいですね。

よろしければこちらもどうぞ
GIANT2016年モデルも!クロスバイクとロードバイク、コスパ重視ならGIANT(ジャイアント)がおすすめ

onzk

WRITTEN BYonzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。

他の記事も読む

関連記事