【イベントレポ】港区の納涼ライド!

(当記事はみなとフューチャーセンターによる寄稿記事です)

こんにちは。みなとフューチャーセンターインターン・松永です。自転車を楽しむためのメディアになぜ港区なの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、僕たちは、月一度、「港区をもっと住み良い街に」というテーマを掲げ、「みなとーく!」という市民参加型のディスカッションワークショップを行っています。

01
月に一度のセッションの様子

実は今回ご紹介する自転車の企画も、そのディスカッションで出たアイディアです。街を知ることと自転車というツールはとても相性がよいのではないか?という話し合いがきっかけで、昨年からライドの企画をはじめました!

昨年は、港区中の坂を自転車で駆け上る茨の坂道ライド、港区内にある主要テレビ局をまわるデジタルライド、早朝集まりライドし朝食を食べて解散する爽快ライド、港区の七福神をまわるお寺ライドを企画しました!

02
昨年のライド企画の様子。

03
お台場ライドの様子

そんな今年も、「この夏、自転車で街を知る」をテーマにどんなライドをしてみたいかディスカッションをしてみました!
港区内の美味しい焼き鳥屋さんをめぐるライドや、大使館をまわるライドなど、さまざまなアイディアがでましたが、今回は「納涼ライド」に決定しました!納涼ライドは、港区内の心霊スポットをまわり、夏の夜にいろんな意味で涼しさを感じようというものです。

<まわるコース>
?竹芝地区の海辺
?六本木のかき氷屋
?心霊スポット(青山霊園、幽霊坂など)
?怪談ライブバー スリラーナイト(交流会)
※コースについては当日変更あり。
今回は自転車に普段乗っていない人も楽しめるよう、docomoのシェアサイクルを使って参加できるよう、新しく設置された港区内の東京タワーポートに集合です。

04

当日はパラパラと小雨!しかし、その方が涼しく乗れるし、せっかくなら乗りたい!ということで決行することに。

05
東京タワー、先端はもやがかかって幻想的です。

参加メンバーは、テンション高めに心霊スポットに向かいます!

06

まずは竹芝地区の海辺へ向かいます!さっそく参加者から「東京で初めて自転車に乗ったけど、快適で気持ちいい!」という声も。

07
竹芝地区にて幽霊ポーズで撮影。フェリーもホラー仕様に見えてきます。

次に、かき氷屋を目指したのですが、寒さのあまり、パン屋に変更!麻布十番の美味しいパン屋さんで軽食をとりました◎

そして一行はついに目的の青山霊園に到着!さすがに霊園では写真を撮るのは憚られ、その後に撮影。

08
最後は、参加者全員でスリラーバーへ。プロの怪談師による怪談話を聞いてきました!

09
スリラーバーにて。

今回のような企画をはじめ、坂道ライド、デジタルライド、お寺ライドなどこれまでさまざまなライドを企画してきましたが、自転車に乗ることで、普段電車で移動していると気付かないことや街の魅力など、改めて知ることができました。

自転車を活用したまちづくりをテーマに、市民のみなさんがもっと自転車に乗りやすい仕組みを考えて議会に提案したり、2020年オリンピック・パラリンピック開催に向けた外国人向けの観光コンテンツを自分たちで考えて提案したいと思っています。

引き続き、みなとーく!でライドのプランも企画し実施していきます。ご興味のある方は、ぜひみなとーく!の自転車企画に遊びにきてくださいね。

みなとフューチャーセンター

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事