reric(レリック)の2016展示会へ行ってきました!

image18
日本産のサイクルウェアとしてその筋では絶大な支持を誇る[reric]。人間工学を基に研究されたそのジャージは、着心地の良さと耐久性、機能性に優れているのが特徴です。一度袖を通してみると忘れられない気持ち良さ。
image15
それを提供してくれるのがこのブランドの特徴と言えるでしょう。そんな[reric]の2016年のスプリンター&サマーコレクションの展示会が渋谷で行われていたので、新製品を見てきました。その注目アイテムをいち早くご紹介したいと思います。

レーシーな性能

image13
[Ara Jersy]と[Leo Jersey]はエアロ効果を狙って製作されたものです。袖には吸湿乾燥に優れた2WAY記事を採用し、窮屈だった腕のポジションを自由にすることに成功しています。着圧も伸縮性に優れた記事によって苦しくなく、自然なライディングポジションが可能です。
image19
裾は他のメーカーに比べて若干長めに設定されているので、かなりの前傾姿勢でも安心ですね。
image08

発電するジャージ

reric社が注力して開発に取り組んでいる商品シリーズの一つ、[Silva]。特殊に加工されたシリコンプリントが着用して運動することにより発電し、身体の血行を促進してくれます。
image00
こちらのサイクルウェアの製品は[reric]の特徴が全て注ぎ込まれた一品といっても過言ではないでしょう。
image06
ビブの部分は“切りっぱなし”採用で、見た目の軽さをアピール。ビジュアル、素材、加工、全てにおいて最高レベルの一着です。
image12

スタイリッシュな見た目

image02
指切りで操作性の良いこちらのグローブ。
image16
なんと内側はパットを排除し、よりハンドルを握った時のフィット感を重視しています。素材を加工する時点で立体断裁の後裁縫しているのでどんなポジショニングでも安定します。

突然の天候変化でも安心

image22
rericが贈るウィンドブレーカーは一味違います。
image01
かなり薄めに作られ、最大まで軽量化された素材は折りたたんでジャージのポケットへ収納するのも簡単。かつ、耐久性に優れているためどんな状況下でも安心です。

カジュアルで普段着にも最適

image14
「それほどレーシーでなく、普段気軽に切れるものがいい」とお考えの方に最適なのがこちら。
image05
カジュアル路線にも力を入れているのがrericの特徴。モコモコとした着心地のパイル生地は身体的な安らぎを感じ、その肌触りは部屋着でも問題なさそうなイメージ。
image21
もちろんサイクル用ですので後ろにポケットが標準で採用されている他、裾は長めに設定されています。
image04

デニムへ秘められた性能

image09
一見すると、おしゃれなデニム。しかし、伸縮性のある素材を取り入れているため、かなりストレッチ性が感じられます。
image23

2016年発売に向けて

いかがでしたでしょうか。こちらでご紹介した以外にも、まだまだたくさんの素晴らしい製品が用意されています。今からでも待ちきれないですね。

なお、その他の写真は以下に載せておきます。
DSC_0783
image20
image17
image11
image10
image07
image03

ウェアに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

onzk

WRITTEN BYonzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。

他の記事も読む

関連記事