どうしよう…ロードバイクで事故に遭ってしまった時の対処法

自転車事故による高額な損害賠償も

これまで自転車は、子供からお年寄りまで乗ることができる手軽な乗り物なため、保険は必要ないと考える人が大半でした。しかも、自転車には乗用車やバイクが必ず加入する自賠責保険がありません。

つまり、事故によって相手の体に被害を与えたり、相手の車や家などを壊したりした場合、民間の保険に入っていなければ、個人で賠償額を負担しなければならなくなります。

そして近年、自転車事故による高額な損害賠償が増えています。男子小学生が自転車で帰宅中に歩行者女性と衝突事故を起こしてしまったケースでは、2013年7月の判決で、9,521万円の賠償金支払いが命じられました。

ロードバイクに乗る以上、事故の加害者になると、自己破産するリスクまであることを知っておかなければなりません。

事故に備えたい!どんな保険がある?

ss76_bbwosousasurute14172508-thumb-1000xauto-16111
このような事故には、「個人賠償責任保険」に加入することで備えることができます。「個人賠償責任保険」とは、個人が日常生活を送るなかで、他人の体・物に損害を与えて賠償責任を負った場合の損害に備える保険です。

今では日頃の生活に欠かせない移動手段の一つとなっていますので、自転車保険を検討してみるのも良いでしょう。補償金額は数百万円から1億円、無制限まであり、標準的な自分のケガの保証まで含んだもので、保険料が年間3,000円程からあります。

ちなみに弊社の姉妹サイト[マサルでもわかる自転車保険]では各社保険の比較を載せておりますので、是非ご活用ください。

おわりに

今、自転車人口が増えている反面、自転車関連の事故は社会問題になっています。日ごろのメンテナンスや運転マナーを守ることで、事故を起こす前に対策しておくことが重要です。

しかし公共の道路を走る以上、誰でも被害者に、そして加害者になりうる可能性があります。万一のリスクをしっかりと把握して、万全を期した上で楽しみましょう。

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む