【キャノンデール / CAAD8】魅力を徹底解説!

金属フレームの魅力

キャノンデールCAAD8は、入門用と位置付けながら非常にハイスペックな性能を持っています。非常に滑らかな溶接痕処理は、見る者を釘付けにします。
image03

(出典:Y’s Road

チェーンステーは、ねじれに対する対策と軽量化を両立させた結果、左右非対称の設計になっています。生産効率が落ちてしまうにも関わらず、この設計を採用しているということから、キャノンデールの熱意を感じられます。

SAVEステーという美しいベンド加工が施された、シートステーが横方向の剛性確保と振動吸収を、これもまた両立させています。

非常にレーシーな、設計でありつつヘッドチューブは、上位モデルよりも15㎜長くしていて、アップライトなポジションを可能にしています。

ヘッドチューブが長くなくても、フォークのコラムが長ければ、ハンドルを高くすることは出来ますが、ヘッド周りの剛性低下や、スペーサーをいくつも入れることで、大事なルックスを悪くしてしまいます。

キャノンデールCAAD8なら、剛性やルックスを守りつつ、ビギナーにやさしいポジションを確保できます。

長く付き合える金属フレーム

カーボン全盛期ではありますが、やはり耐久性は金属フレームに軍配が上がるでしょう。

基本的にカーボンフレームは、修正や修理が効きません。修理が効かないので、一回のクラッシュでも、致命的な損傷になってしまう可能性があります。

しかし金属フレームは、可能な範囲で修正が効きます。キャノンデールCAAD8は、入門用ということで価格は抑えられていますが、それでも、自転車に出す金額としては、決して安いものではありません。

それゆえ正しいメンテナンスを施し、長く乗り続けていきたいものです。更に安価で同じような形をしたものはありますが、安物買いの銭失いになってしまっては、元も子もありません。

「長く付き合う」「スポーツバイクを心から楽しむ」という観点から考えると、キャノンデールCAAD8は、最適なロードバイクと言えるでしょう。

ロードバイクに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

LINK : キャノンデール公式サイト

(TOP画像出典:cannondale

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事