徹底解説!キャノンデールのミニベロ「フーリガン」の魅力と特徴を

少しスポーツバイクを知っている人なら一目で分かるほどのインパクトがあるキャノンデールのオリジナルフォークシステム“LEFTY”(レフティ)。

cannondaleが独自に開発したこのシステムはフロントフォークの左側にのみでホイールを接続するという奇抜なビジュアルですが、衝撃を一点に集中させることによってハンドリング及び耐衝撃性を向上させることに成功しています。

この“LEFTY”ですが、元々はマウンテンバイクの高性能化を図るために開発されたものでした。長年熟成されたそのテクノロジーですが、なんとミニベロ(小径車)に取り入れてしまった変り種シリーズがフーリガンです。

高剛性+軽快

フーリガンのフレームは通称“デルタフレーム”と呼ばれる一見変わった形状をしています。

それは他社に良くあるフレームを単純に小さくしたものでは剛性が足りず、コーナーリングはもちろん直進ですら不安定になりがちなのですが、フレームの組方を変え剛性をぐっと高めることにより解消しています。

もうひとつの特徴はそのフレームサイズに対してのホイールベース(前後輪軸間の距離)の長さです。

小径車の特性として非常に取り回しがよく、町乗りは気持ちよくキビキビと走るのですが、タイヤの接地面積小さい分走りがシビアになってしまいます。

そこでホイールベースを長く取ることにより安定性を確保。バイクの動きをマイルドにして誰でも乗りやすい操作感を作り出しているので、始めて間もないライダーでもすんなり乗り込める、まさにエントリーユーザーにピッタリな1台になっています。

また、デルタフレームのもうひとつの特徴と言ってもいいトップチューブ(フレーム上部)から地面までの距離が短いので、背の低い方や女性の方でも足付性バツグン。一般車からの乗換えでも違和感無く乗ることができるでしょう。

間違いの無い制動力

image02

(出典:Wikipedia)

アーバンバイク全般にいえるのが、ディスクブレーキが標準でアッセンブルされているところです。フーリガンも例外ではありません。

ディスクブレーキの良い所は、天候や路面状況に関わらず制動力が変わらないところ。

円盤形状のディスクローターは泥や汚れ落ちがよくブレーキキャリパー内に汚れが入りにくいですし、ローターを挟み込むようにパッドが作動するのでカッチリとした操作感でコントロール性に優れています。

またリムとブレーキが別の動きをしていてホイール自体にダメージが少ないため、寿命も飛躍的に延びるので結果ランニングコストも低く抑えられるメリットがあります。デメリットと言えば重量が若干増えるというところですね。

好みから選べる車種

フーリガンは3種類の仕様から車種が選べます

FOOLIGAN 1

image01

(出典:cannondale)

どなたでも乗りやすいフラットバー仕様です。

変速ギア数もリアホイールに内装されている3段ギアで一般車からの乗り換えでも違和感無くお乗り頂けると思います。

FOOLIGAN 2

image04

(出典:cannondale)

フーリガン1と同じフラットバー仕様ですが、変速機が外装の9段になっています。

ロードコンポのリアディレイラーSORAとMTBコンポのシフターACERAをアッセンブル。両方ともジャパンブランド“SHIMANO”で構成されていて、耐久性、信頼性ともバツグンです。

FOOLIGAN ROAD

image03

(出典:cannondale)

ロードと名が付くとおり、フラットバーではなくドロップハンドル仕様になっています。

それに合わせコンポーネントもフルコンポでSORAをアッセンブルし、ギア構成も2×9とロードバイクそのものになっていてロングライドやツーリングにもってこいの1台です。

カスタムも思いのまま

上でご紹介したとおり、ロードバイクコンポ、MTBコンポとも上手く構成されていて使えるパーツも多くあるのでカスタマイズも色々とできます。これもフーリガンのいいところですね。

最近ではロード用の油圧式ディスクブレーキも続々登場しているのでロードベースでカスタムや、ホイールを20インチ406規格から451規格へインチアップなどで直進性の向上を図るなど思いのまま!

自身の好みに仕上げて世界で1台のバイクを作ることができますよ。

最後に・・・

2015モデルには3車種あったのですが、どうやら2016モデルにはフーリガン1の1車種になってしまうようです。

年末に向かって2015モデルの在庫がどんどん少なくなっていきますので、ご検討中の方はショップにコンタクトを取るなど早めの対応を。欲しいときに欲しいものが無いのは悲しいですから。

また、今後のカスタムの方向で車種を決めるのも面白いです。好みの1台を手に入れて楽しいサイクルライフを送ってください。

(TOP画像出典:cannondale)

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事