放置厳禁!自転車の塗装剥がれが伴うリスクと対処法

長い間自転車に乗っていると、フレームの塗装が剥げてきてしまうこともあるでしょう。

そのような自転車へ乗っているとライディングテンションが落ちることはもちろん、最悪フレームにも影響していき事故にも繋がることも考えられます。

今回はその対策と、一時的な修復方法をご紹介いたします。

原因

まずは、転倒などの外傷が一番大きな原因として考えられます。コンクリートとフレームが衝突してしまうと、大きな傷ができてしまい塗装が剥がれてしまいます。気をつけていても、思わぬ所で事故は起きてしまうものです。
ファイル_000
また、時間経過による劣化でも塗装が剥げてきてしまうこともあるでしょう。

この他にも、ワイヤー類や身体が当たったことによる摩耗が原因となる場合もありますが、どれも一種の消耗ですのでやむを得ない事かもしれません。

塗装の剥がれによる影響

自転車の塗装が剥がれてしまうと、やはり見た目も悪くなってしまいますし気になりますよね。せっかくデザインが気に入って買った自転車でも、塗装が落ちてしまえば古びた印象になってしまいます。

それに加え、この塗装の剥がれは外観だけではなく、機能面にも大きな問題を引き起こすことがあるのです。

一番の問題は「錆」です。自転車のフレーム塗装というのは、アルミや鉄といった材質のコーティングという意味でも大きな役割を果たしているのです。

そのため、塗装が剥げてしまうとその部分から徐々にフレームが錆びていきます。錆が発生してしまうと、自転車の寿命を大きく縮めることになってしまうため、塗装の剥げには注意が必要です。

カーボン製の自転車は特に注意が必要

上記のように、自転車の塗装剥げは錆が発生してしまうため機能面にも影響が出てしまいます。なかでも、特にカーボン製の自転車の場合は、塗装の剥げに注意が必要です。
ファイル_001
カーボン製の自転車の場合、塗装が剥げた部分から水を吸い込んでしまいます。その結果、フレームの内部に水が溜まってしまう為、自転車が破断してしまう恐れがあるのです。

修復するには

このように、自転車の塗装が剥げてしまうと様々な問題が発生してしまうため速やかに処置をするのがよいでしょう。

専門の業者に依頼するのが一番の解決法ですが、やはりそれなりの金額がかかってしまいます。修理に行けない場合、まずは自分で応急処置を行うことが必要です。

修理に出す目処が立っているのであれば、変に自分で修繕しようとせず、マスキングテープやステッカーなどを塗装が剥がれた部分に貼るなどしておけばよいでしょう。

雨などの水分からフレームを守れる程度に隠すことが必要です。

そこまでひどくはないものの、よく見ればわかってしまう傷には自動車用のリタッチペンやコンパウンドを代用する方法もあります。
17000_b

(出典:99工房)

09192_b

(出典:99工房)

注意すべきは、修復前にその箇所の洗浄をすること。ワックスなどの油分がついていると塗料をはじいてしまうことが考えられるからです。

最後に

いかがでしたか?自転車の塗装剥がれが伴うリスクと、補修の方法について紹介してきました。

上記のように、自転車の塗装は、剥がれた部分から錆が生じたりするため機能面に影響を及ぼします。専門の業者に頼めない場合は、自分である程度修復を行ってみてください。

自転車の寿命も延びると思いますよ。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事