(当記事はWORLDCYCLEの転載記事です)


「輪行袋を畳んで収納袋に入れるのが苦手」 って方が多いらしいですね。元々入っていたものですから、入らないはずはないのにと思うのですが、苦手な方の畳み方を見てみると、あることに気が付きます。

折りたたむ時に角々をしっかりあわせておらず、空気で膨らんだまま畳もうとしたり、簡単に言うと、手つきが雑。

ワールドサイクルの輪行講座では「パーフェクトな輪行袋の畳み方」もお教えしておりますので、その秘伝の方法を余すことなくご披露いたします。

使用するのは、前後輪を外して縦型に収納する巾着タイプの「R250輪行袋」。オーストリッチの輪行袋「L-100軽量輪行袋」 「SL-100超軽量輪行袋」 もほぼ同じとお考えください。

ジッパータイプのオーストリッチ「E-10」 「ロード220」 「ロード320」 「ロード520」は収納袋の大きさが異なりますので、この折りたたみ方とは少し異なります。

その1 巾着袋を完全に広げて、肩紐を出す穴を上に向けて広げる。


巾着紐が中途半端だと綺麗に折りたためません。自転車を組み立てるときに、完全に開いておきましょう。

袋の左右を見分けるポイントが、肩紐を出す穴です。こんなポーズで輪行袋を広げてください。

01

その2 袋の底を持って、半分に折りたたみます。


ポイントは肩紐を出す穴のある角を合わせることです。

02

その3 更に半分に折ります。


03

その4 口紐の部分が三角形に余りますので、そこを折り返します。


04

その5 更に半分(細く)にします。


05
この状態で、収納袋の幅と同じになりました。

06

その6 細長くなったところを、半分に畳みます。


07

その7 さらに半分に畳みます。


ポイントは、ピッタリ半分に畳まずに、「6:4」くらいに畳みます。

08
こんな状態です。

09

その8 フレームとホイールを固定するストラップと肩紐を、収納袋の幅くらいにまとめます。


10

その9 ストラップ、エンド金具、スプロケットカバーと一緒に丸めます。


このとき、フレームカバーのマジックテープの雄雌が向かい合うようにすると、ちょっとだけ留めることが出来ます。

フレームカバーの幅が輪行袋の収納袋より少し大きいので、ストラップは端に寄せておきましょう。

11
さらにフレームカバーで巻きます。

12

その10 巻いたものを”あんこ”にして、巻きます。


巻き始めは、ばさばさしたほうからはじめるのがポイントです。この時点で空気は抜けていますので、空気が抜けるとか抜けないとかを気にする必要はありません。

13
ぎゅーっと体重をかけて、硬く巻きます。

14
ばさばさしたほうから巻き始めたので、最後は折り返したほうになります。

スッキリしているでしょ。逆だと折り畳み傘のようになって、手が小さい、握力が小さい人だと、収納袋に入れるのに苦労します。

15

その11 収納袋に入れます。


この状態で既に収納袋より太いということは無いと思いますが、入りにくい場合は無理やり突っ込むのではなく、回しながら入れてみてください。

17
最後は少しだけ中身のほうが膨らんでいるかもしれませんね、でも大丈夫。

16
収納袋の巾着紐をぐいぐいっと引っ張れば、ピッタリ袋に収まります。

18
完成!

次回も気持ちよく輪行する為に、輪行袋は綺麗にしまっておきたいですね。雨などにより緊急避難的に輪行した場合は、自宅に帰ってから輪行袋を陰干ししておいて下さい。濡れたままだと、カビが生えたり、臭?くなったりしますよ。傘と一緒ですね。

動画でもご紹介




今回使用した輪行袋はこちら。


R250 軽量縦型輪行袋 ブルーチェック、レッドチェック、ブラックチェック

・転載元記事
パーフェクト輪行袋収納マニュアル これで輪行袋の畳み方は完璧WORLDCYCLE

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!