【GIOS / AMPIO】ライフスタイルを選ばず快適に乗れる

カーボン素材の性能と成型技術の向上によりスタイリッシュで乗りやすいバイクが増えてきましたね。一方でクラシカルなダイヤモンドフレームの「古カッコよさ」も街を走っていると感じるようになりました。

今回ご紹介するのはイタリア・トリノにある老舗メーカーGIOS(ジオス)が供給するクロスバイクAMPIO(アンピーオ)です。特徴はなんといってもフレームの素材にクロモリを採用していること。

クロモリはカーボンにもアルミにもない「しなり」や「ねじれ」があり、それによって身体に受ける衝撃を緩和してくれます。その特徴を活かして絶妙なバランスで作るノウハウは老舗ならではです。

GIOSのイメージカラー「ジオスブルー」。2016年モデルからはフロントフォークがカーボンに変更されSHIMANOのTIAGRAのコンポと軽量ホイールが装備されたよりスポーティーなグレードと、小柄なライダー向けの650のサイズもリリースされます。
ampio_gb

(出典:JOB International, ltd.

                 

巷で見かける曲線の美しいカーボンフレームとは一線を画すトラディショナルなスタイル。

クロモリという金属でありながら軽量で独特のしなり具合のパイプを組み合わせてつくるダイヤモンド型のフレームの美しさと乗り味に魅せられているファンも少なくありません。

街乗りでもスポーティーな走りは十分楽しめますが、信号でストップ&ゴーをくりかえし坂ではガシガシ踏むという走り方よりは、休日のサイクリングロードや普段行かない街に少し足をのばすといった、ちょっとお気楽な相棒としても大活躍してくれそうです。

スポーティーなバイクってそれなりのウエアや装備がないとチグハグな印象をうけるときがありますが、ダイヤモンドフレームはその点、思い思いのスタイルがしっくりくる寛容性を感じます。

小山晋(こやま すすむ)

WRITTEN BY小山晋(こやま すすむ)

ワイン好きのホビーレーサー。スポーツイベント専門の旅行会社在職中にプロトライアスリートからバイクを譲り受けトライアスロンにはまる。伝説のフレームビルダーAMANDAの千葉氏に師事し自転車の奥深さを教え込まれ現在は3台のバイクを所有。メッセンジャーとして都内を走り回った経験もある。

他の記事も読む

関連記事