周りに注意して音楽を楽しもう!ランニングに最適なイヤホン7選

ここ数年で、ランニングをしながらイヤホンで音楽を聴く人が増えてきた印象を受けます。昔は外で自分の好きな音楽を聴ける環境が整っていなかったですが、iPodの登場を機にそれが変わっていきました。

今では、どこでも好きな場所で自分の聴きたい音楽が聴けるようになりました。(もちろん周りに注意して)

今回は、音楽を聴くには欠かせないイヤホンについてご紹介します。

9m離れていても大丈夫

100000001002785023_10204 (1)

(出典:Powerbeats2 Wirelessインイヤーヘッドフォンブラックスポーツ

こちらは、ワイヤレスのイヤホンとなります。最大の特徴はなんといっても、端末から約9m離れていてもBluetoothで音楽を聴くことができることでしょう。

たとえば、端末を自分で持ちたくなく、ランニングをコーチなどと一緒にする人は、コーチに端末を持ってもらい、自分はイヤホンを装着するだけで大丈夫になります。

これは、少しの重さにも敏感なランナーのランニングをサポートするでしょう。

充電式のバッテリーで6時間の再生が可能です。ランニングを目的とする人には十分な稼働時間でしょう。また、重さも軽く、全体的にコンパクトになっています。

価格は、22,240円(税込)です。

音質重視の人におすすめ

1_000000072075

(出典:Bose SoundSportIE IP PRD パワーレッド)

こちらは有名メーカー、ボーズのイヤホンです。イヤホンの形状に特徴があり、すごく心地よいくらいに耳にフィットします。

それでいて、奥まで押し込む必要がないので、カナルタイプのイヤホンが苦手な人にはおすすめです。

また、そのため、周囲の音が聞きやすく、外でランニングをする人には、危機を察知できる音の余裕も残されています。完全に音をシャットアウトするのは不安という人にもおすすめでしょう。

さらに、水の侵入を防ぐ構造にもなっており、突然の雨でも安心できます。価格は、16,200円(税込)です。

見た目からして格好いい

1_000000070119
Amazonで見る

こちらは完全に、スポーツをする人のためにつくられた、スポーツイヤホンです。Bluetoothの連続再生時間がなんと驚異の8時間です。

1日8時間以上、ランニングをする人は途中、充電が必要ですが、ほとんどの人は1日8時間よりも少ないランニング時間だと思うので、8時間というのは十分な再生時間です。

また、ランニングをするとイヤホンが抜けやすい、フィットしないという問題点を抱えている人が多いと思います。

しかし、こちらのイヤホンは、特許取得済のスポーツイヤークッションを採用しているので、激しいランニングでも、今までイヤホンが耳にフィットしてこないことが多かった人でも、抜群のフィット感を得られるのではないでしょうか。

価格は、23,970円(税込)です。

かわいいピンクが印象的

1_000000067188
Amazonで見る

こちらは、ビーツ・バイ・ドクター・ドレのスポーツタイプのイヤホンです。

まず、色がピンクとホワイトを基調としており、なかなかキュートで清潔感のあるデザインとなっています。耳元のピンクで個性をアピールするのもいいでしょう。

音質は、「パワフルでクリア」と称されます。ランニング中には静かな音楽よりも激しい音楽を聴くことを好む人には、おすすめの音質かもしれません。また、汗に対応しており、さらにUVカット加工もされています。

まさに外で暑い日差しの中、がんばるランナーにはうってつけのイヤホンでしょう。価格は、12,000円(税込)です。

コスパ最高のイヤホン

seikatukouzyou_7000045
Amazonで見る

こちらは、サウンドピーツのスポーツイヤホンです。3,599円(税込)という安さから、変な音質の安物イヤホンではないか、と思われる方もいるかもしれません。しかし、こちらはコスパを重視するならば最高のイヤホンです。

現に、3,000円台のイヤホンではなかなかいい音質で音楽を聴けないものが多い中、こちらは、その価格クラスの中ではよいほうの音質を保っています。

また、イヤホン自体が大きく、その大きさゆえ、抜群の安定感を誇っています。どのイヤホンも安定せずぐらぐら……と悩んでいた人は、こちらを一度試してみる価値はあるでしょう。

そして、ノイズキャンセリング機能の搭載されているので、周囲の音をシャットアウトもできます。

安定のネックバンド型イヤホン

0000000634792
Amazonで見る

こちらは、フィリップスのネックバンド型イヤホンです。ネックバンドといえば、一般的にはその安定性はよいほうでしょう。

それに加え、こちらのイヤホンはヘッドバンド部分にワイヤーが内蔵されており、頭部に合うように設計されています。

スポーツで使うイヤホンはどうしても汚れがちになります。中には水洗い厳禁なイヤホンもあるでしょう。

しかし、こちらは水洗いができる防水機能も備えているので、汗などで汚れてもばっちり対応することができます。地味にうれしい機能です。

価格は、4,870円(税込)です。

小さな耳の人でも安心

1_000000057681
Amazonで見る

こちらは、多くの機能(構造)を搭載しているイヤホンです。

まず、耳から外れにくい構造、長時間装着していても耳が痛くならない構造、防水機能、ハンズフリー対応マイク、音量調節のボタンなど、数多くの機能がこのイヤホン1つに集約されています。

「音楽を聴く」ことだけでなく、ほかの役割もイヤホンにさせたい人にはおすすめでしょう。

また、主に女性に多いのですが、耳が小さくイヤホンがうまくフィットしないという人。このイヤホンはそんな人でも大丈夫です。

耳の小さな女性向けのイヤホンとなっているので、今までほかのイヤホンでフィット感が得られなかった人でも安心して装着することができるでしょう。

価格は6,350円(税込)です。

自分のスタイルに合ったイヤホンを

earphone-316753_1280

以上、7つのイヤホンをご紹介しました。ひと口に「イヤホン」といっても、多種多様なイヤホンがあることがおわかりいただけましたでしょうか。

その中から、自分の目的、自分のランニングスタイルに合ったイヤホンを見つけることが一番です。

自分にぴったりのイヤホンを見つけられるよう、ぜひ頑張ってください!

ランニングに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

WRITTEN BYあい

とらちゃん(プロフィール画像)と戯れるのが趣味の可愛い女子大生です? チョコを食べながら講義を受けて、その合間にブログ記事を書いています。みなさんに素敵な記事を届けられるようがんばります♪

他の記事も読む

関連記事