【トレック / エモンダ】軽量モデル!

アメリカのドメスティックブランドTREK(トレック)が創業以来始めて軽量バイクを謳って満を持してリリースしてきたマシン。それが”Emonda”(エモンダ)シリーズです。

Emondaとは「削ぎ落とす」というフランス語動詞の”e’monder”から名づけられています。余計な部分を徹底的に削っていった結果、完成車で4.65kgという世界最軽量バイクが完成しました。
image00

(出典:TREK)

Emondaには大きく4種類のグレードが存在します。各グレードそれぞれにしっかりとした特徴があり、ライダーの乗り方、予算などに応じどれを選んでも満足できる仕上がりになっています。

しかしながらその乗り味、グレードの違いが分かりづらくバイク選びに悩まれている方も多いのでは無いでしょうか。

そこで、Emondaの各グレードごとの概要をご紹介!是非バイク選びの参考にして頂けたらと思います。

Emonda SLR

image02

(出典:TREK)

フレーム重量690g、フォーク重量280gと非常に軽量に作られたSLRです。

OCLV700と呼ばれるTREK社最高の高弾性カーボンを使いながらもハイエンドバイクに多いガツガツとした不快な振動が非常に少なく、パリッとした中にもしなやかな乗り味が特徴です。

軽量バイクにありがちなスピードを上げたときのふらつき感がびっくりするほど少なく、峠の下りなどでも安心してコーナーに進入できるほど安定感の高いバイクに仕上がっています。

ブレーキも特徴的で、フレームに2本のボルトで留めるダイレクトマウント(直付け)を採用。

これによりパーツの数を減らしながらもブレーキング時のしっかり感や安定感を体感させてくれるので、初心者の方だからこそ乗って頂きたい1台ですね。

最近流行のANT+規格のセンサーがフレームの中に内蔵できるのも面白いです。

対応のサイクルコンピュータが必要にはなりますが、見た目が非常にスマート。見た目にも非常にこだわった最高のバイクです。

また、自分だけの1台が作れる”プロジェクトワン”に対応。驚くほど多くのカラー、コンポーネント、パーツ類を選択できるので、こだわりたいという方にも非常におススメです。

EMONDA SL

image01

(出典:TREK)

SLRとは大きくブレーキとカーボンの素材に違いがあります。

まず、OCLV500と呼ばれるミドルレンジカーボンを使用。SLRと比べるとややマッタリとした乗り味が特徴です。

ペダルを踏んだ力がそのままスッと前に出るSLRよりもバネのような伸びやかな加速をしてくれます。しかしながらその走りは他メーカーのハイエンドバイクそのもの。

ガッツリとレースも楽しめ、ロングライドやツーリングにもしっかりと対応してくれます。

ブレーキは通常ラインナップのブレーキアーチを使用する設計で、シマノ、カンパニョーロ、スラムはもちろん他のサードパーティブランドのブレーキもお手軽に使え、カスタマイズの幅を持たせているのもうれしいところ。

ハンドルバーやステム、サドルの交換でレーシーにもコンフォートにも調整がしやすいマルチな1台です。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事