あなたの部屋がレース会場に。Zwiftを体験してきたぞ – サイクルモード速報

怒濤のごとくたたみかけるFRAMEによるサイクルモードレポート。
今回は「全く新しいインドアサイクリング」を掲げるZwift(ズイフト)の宮原さん、CEOのエリックさん、CFOのジムさん、VPのスコットさんにお話を伺ってきました、自転車レース版セカンドライフとでもいえば分かりやすいでしょうか、仮想空間上で世界中の人たちとレースを楽しむことができるサービスです。

事業内容 / 取り扱っている商品

ーー取り扱っている製品について教えて下さい。

「自転車に乗りたい!」「みんなで自転車に乗りたい」けど乗れない、、、と思った事はないですか?

  • 雨がふっていて、トレーニングができない
  • スケジュールが合わない
  • ただ室内でローラーにのってるだけじゃつまらない・・・

全世界の人たちと走る一緒に走ることができる!しかも時間を気にせず、天気も気にすることなく!自分が好きな時間に好きなだけみんなと楽しくトレーニングができる。それがZwiftです。

「より多くの人に自転車を楽しむことを体験してほしい」「ひとりぼっちで辛いトレーニング、みんなで楽しくライディングをすることでより多くのサイクリストを増やすことができないか?」

これらを解決するために私たちは、全く新しいインドアサイクリングゲームを開発しました。

サイクルモード出展の経緯・背景

ーーサイクルモードに出展された背景を教えてください。

世界中で愛されている自転車レースをより多くの人に体験してもらいたい、より多くの方に自転車に親しんで欲しいと想っていました、いくつかのプロトタイプを作成し、その実現の為のポテンシャルをもっていると確信得て、Zwift(ズイフト)を開発しました。

Zwiftコミュニティすでに世界各地100カ国以上でコミュニティが作られていて、英語圏以外では始めてのローカライズ対応となります。日本の皆さんにも是非体験してもらいたいと思い出展することにしました。日本では自転車を愛してる人々が大変多く、Zwift(ズイフト)も楽しんで貰えるはずです。

Zwiftを体験してみる。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事