【軽量】最小クラスの折りたたみ自転車7台
date : 2015.11.30 update : 2017.10.14

折りたたみ自転車を購入する際、皆さんは何を基準に選択しますか?走行性能でしょうか。それともスタイリングでしょうか。何を基準にしていたとしても、必ず関わってくる重要なポイント、それは大きさと重量です。やはり折りたたみ自転車を選択する以上、輪行や室内での保管など、折りたたんで持ち運ぶ必要性があるからです。

大きさや軽さは、外すことのできない重要なファクターになります。走行性能に問題がないと感じる車種であれば、なるべく小さく軽い車種を選択したいと考えることは当たり前です。

自転車というのは、基本的に軽量であれば軽量であるほど値段が高くなっていくものです。そこは、自分の予算と相談をしながら値段と重量の上手いバランスを考えて買う必要があります。今回は軽量で最小クラスの折りたたみ自転車を7台紹介します。

STRIDA LT

LT_1@2x

(出典:GSジャパン株式会社

「STRIDA(ストライダ)」はイギリス製の折りたたみ自転車です。トライアングルフレームと呼ばれる独特な形状のフレームが特徴で、工具不要で簡単に折りたたむことができます。

ペダル側のギアを大きいサイズに設計してあるため、ペダル一漕ぎ分で進む距離が大きく、ママチャリ程度の速度を出すことができます。またディスクブレーキを標準で装備しているため、濡れた路面状況をものともしない高い制動力を誇ります。

さらに金属製のチェーンではなくベルトドライブを採用しているので、メンテナンスフリーで扱いやすい車種であるといえるでしょう。泥よけや車体後部のキャリアーなど、その他の標準装備も充実しており、通常の自転車としても高いレベルでバランスが取れています。

車体情報

重量 約10.6kg
ホイールサイズ 16インチ
変速機 シングルギア
折りたたみ時のサイズ 720×1130×360mm

BIRDY

birdystandarddisc_sb

(出典:Green Cycle Station Yokoyama

「BIRDY(バーディー) 」はドイツ製の折りたたみ自転車です。この車種の特徴は、なんといっても高い走行性能にあります。小さいサイズの折りたたみ自転車には珍しく、フロントサスペンションを装備しているのです。

このサスペンション機構が効果的に働くことにより、ペダルを漕ぐライダーの力を逃がすことなく路面に伝え、パワフルに前進するエネルギーへと変えてくれるのです。

ハンドリングも非常に軽快で、折りたたみ自転車とは思えない、キレのある乗り味を楽しむことができます。またもう1つの特徴として、部品の互換性の高さが挙げられます。好みの部品に換装することで、より自分らしい愛車に改造することが容易です。

車体情報

重量 約10.9kg
ホイールサイズ 18インチ
変速機 8段変速
折りたたみ時のサイズ 720×630×330mm

A-bike CITY

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(出典:fm-cycle

「A-bike CITY(エーバイク シティ)」はイギリスの発明家シンクレア卿によって設計、制作された折りたたみ自転車です。この車種の特徴は、世界最軽量級のその軽さです。なんと6.8kgと、とてつもなく軽量です。

また工具不要で、約20秒程度で折りたたみと展開をすることができ、気楽に輪行できる手軽さを誇っています。スタイリングも非常に特徴的で、アルファベットの「A」のような造形で、ホイールサイズも8インチとコンパクトにまとまっています。

8インチのホイールと聞くと走行性能に多大な不安を感じる方もおられるかと思いますが、複数枚のギアを組み合わせることで走行性能を向上させており、急こう配を登坂でもしない限り、すいすいと走ることが可能です。

また派生モデルも豊富で、ノーパンクタイヤ装備車種やハイスピードギア装備車種、電動アシスト付き車種(発売予定)とより取り見取りな部分も魅力です。

車体情報

重量 約6.8kg
ホイールサイズ 8インチ
変速機 シングルギア
折りたたみ時のサイズ 410×695×215mm

Carry me

carryme_orange

(出典:Green Cycle Station Yokoyama

「Carry me(キャリーミー)」は台湾のパシフィック車により設計、製造されている折りたたみ自転車です。こちらの車種の特徴は前述の「A-bike CITY」と同じく、8.5kgの世界最軽量級の車重と、その特徴的なスタイリングです。

さらに折りたたんだ際のフットプリントは、A4コピー用紙の上に収まってしまうほど小さく、ギターなどの楽器を持って電車に乗っている人よりも省スペースに輪行することができるのです。

スペースを取りすぎて肩身の狭い思いをする必要はありません。また走行性能に関しても、一漕ぎの前進距離が20インチクラスの自転車にも引けを取らない程です。

またノーパンクモデルや電動アシスト付き車種(現在は海外のみでの販売)もラインナップされており、用途に合ったモデルをチョイスすることができます。

車体情報

重量 約8.5kg
ホイールサイズ 8インチ
変速機 シングルギア
折りたたみ時のサイズ 260×920×320mm

Dove Plus/ダヴ プラス

DOVE_PLUS

DOVE_PLUS

DAHON(ダホン)の史上最小の折りたたみ自転車。スポーティーなデザインで、適度な前傾姿勢で使用できるのが特徴。

20×1.35のコンパクトなタイヤ、アルミシートポストよりも軽いDAHON SLシートポストを使用。さらに表面加工は傷つきにくい使用のため、折りたたみの時の摩擦も気になりません。

車体情報

重量 約6.97kg
ホイールサイズ 14インチ
変速機 シングルギア
折りたたみ時のサイズ 620×560×300mm

Panasonic TRAINCLE

Panasonic TRAINCLE

(出典:Panasonic

「この折りたたみ自転車を手にしたら、もう他のモノには乗れない・・」そんな声が聞こえてきてもおかしくないモデル。重量は6.9Kg。列車などでの持ち運びを想定されて作られているため、本当に軽いです。これならば、持ち運びの際も苦痛にならず、女性の方でも手軽に扱えます。

折りたたんだ際も非常にコンパクトにまとまる設計となっており、コインロッカーにも入れることができます。トレンクルを持っていけば、旅先での移動も便利になって旅行をもっと楽しめそうです。

車体情報

重量 約6.9kg
ホイールサイズ 14インチ
変速機 シングルギア
折りたたみ時のサイズ 550×583×350mm

Tyrellbike FSX

index_main

(出典:Tyrellbike

機能性に優れているのがこのTyrellbikeのFSX。このモデルは、普段スポーツバイクに乗っている人でも納得の機能性を誇る軽量折りたたみ自転車です。

重量も8.5Kgと軽量化されており、変速も2×11の22段と申し分なくShimano製のコンポーネントを使っていることからもスピードへのこだわりがわかります。

電動コンボへのカスタマイズができるなど、自分の好きなように改造することが可能な点も自転車ファン納得の一台です。このレベルのクオリティーなら普段からの通勤・通学に使っても充分満足できるでしょう。

LINK : Tyrellbike

まとめ

いかがでしたでしょうか。自分の目的に合ったバランスの良い1台を見つけてください!

折りたたみ自転車に関するその他の記事はこちらをご覧ください!


Follow FRAME

Written by FRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。