ロードバイクのハンドル周りをスッキリさせる方法

(当記事はWORLDCYCLEの転載記事です)

ハンドル上の3種の神器「スピードメーター・ライト・ベル」が効率よく並べられたハンドル周りですね。このライトを、先日のブログ「この冬のライト選びは、大幅ディスカウントされているMOONがイチオシな理由。」で紹介した「ムーン X-POWER 600 ヘッドライト ブラック」に代えてみました。

tni02

残念なことに、ライト本体が大きすぎてスピードメーターの一部が隠れてしまいました。ライトをもっと左に寄せようにも、このハンドルはハンドル中央部のわずかなスペースしか新円ではないため、これ以上外側にずらすことが出来ません。どうしましょう・・・・

こんな時は、コレ。

カーボンメーターステー ブラック

要するにハンドル上のスペースを増やしてあげようというパーツ。同じような機能の製品は、他にも多くのメーカーから発売されておりますが、カーボン風ではなくちゃんとしたカーボンを使用していることと、デザインがシンプルなこと、価格も2000円以下とお求め安いことから、今回選択しました。

tni03

カーボンパイプ部分にライトの台座を取り付けます。

tni04

取り付け完了。

あれ、ライトはどこに行った?

tni05

ジャン。ちょうどステムとハンドルとスピードメーターの陰に隠れて見えなくなっていますが、こんなところにひっそりと隠れていました。

tni06

自転車の丁度真ん中にライトが収まりました。

tni07

でもちょっとキニナル点が。カーボンパイプが長くて、余分な部分があるんですよね。ここにベルをつけるとか、ライトを2個つけるとかいうことも出来ますが、今回そういう予定はないため、カットしました。

カットする方法は鉄ノコかパイプカッターで切断してください。鉄ノコにはカーボン専用歯というものもありますが、鉄用でも普通に切れますよ。断面にバリが出来たり、盛り上がってしまう場合は、ヤスリで削って仕上げましょう。 カーボンとは要するに炭ですので、削りカスに触ると手が真っ黒になりますので、ご注意を。

tni08

ハンドルにつけて出来上がり。カーボンパイプの余分な部分がなくなって、よりスッキリしましたね。

tni09

ご注文はこちら

TNI カーボンメーターステー ブラック

・転載元記事
ライトをつける前に知っておきたい、ハンドル周りスッキリ術。WORLDCYCLE

岩田康裕(ワールドサイクル)

WRITTEN BY岩田康裕(ワールドサイクル)

学生時代はサイクリング部に所属し、卒業後は自転車店に就職。 店舗業務に従事する傍らネットショップを立ち上げ、国内最大級のサイトに育てあげる。現在はワールドサイクルでサイト管理をしながら、オリジナル商品や、レース、サイクリングを企画。輪行マイスターとして輪行講座や自転車講習会を行っている。

他の記事も読む

関連記事