Y105「ちょっとX105!大変なことが起きた!!」

X105「冒頭からなんですか、いきなり…」

Y105「ジムに行ったんだけど…」

X105「おお、ついに行きだしたんですか!それで…?」

Y105「おいてある器具の使い方が全くわからない!」

とてもこれまで私の記事に登場してきた人物のセリフとは思えない爆弾発言を投げつけてくるY105さん。

そんなのはジムのスタッフに聞けよ…そう怒鳴ろうとした矢先に言われる。

編集長「よし、次のネタ、それで行こう!」

えっ、まじっすか・・・?いや、ジムのスタッフにきこうy(ry

そんなわけで今回はジムにおいてある器具を眺めながら、筋トレで使われる器具についてお話ししていきます。

よく見るあいつ!~スミスマシン~


fitness-1037132_1920 Y105「あ、こいつ、どこのジム行ってもよく見かけるね!」

X105「ああ、こいつはスミスマシンですね。フリーウェイトトレーニングの代用としてジムでは非常に重宝される器具ですよ。」

Y105「なんで?」

X105「見てください。ウェイトプレートをつけるバーが器具の台とくっついていますよね?まっすぐ上下にスライドするだけなので、フリーウェイトトレーニングと比べてバランスを崩して転んだり、斜めにバーベルを持ち上げたりせずに済みます。しかもストッパーもついてますね。安全性が高い器具でいて、フリーウェイトトレーニングのように使える、だから重宝されるんですよ。」

そう、ベンチプレスなどのトレーニングは通常バーベルを持ち上げられなくなった時に補佐の人に助けてもらう必要がありますが、スミスマシンなら簡単にバーベルをストッパーにかけられるので、たとえ一人でもなんとかなります。

なにより左右前後にぶれず、まっすぐ上下する動きしかできないというのは、スクワットの重心の位置や、ベンチプレスでの左右均等な持ち上げ等を意識せずとも行うことが出来るのです。

Y105「ふーん、いいやつなのね、スミスマシン。」

X105「もちろん、スミスマシンでやるがゆえに起こりがちなフォームの崩れもあるので、初めて使うときはきちんとトレーナーに見てもらうことを強くお勧めします。」

Y105「はーい。ところでスミスマシンの隣にあるよく似たあいつはなに??」

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!

ページ :