ロードバイクはママチャリより危険でマナー違反者が多いのか

ロードバイクはママチャリよりも危険でマナー違反者が多い、といった内容の報道がマスメディアでなされていたようなので反論しておきます。

理由として「低速だと不安定」「漕ぎ出しが重い」、だから止まりたくないという心理になり違反するというロジック。低速だと不安定というのは言うほど変わらないですし、ロードバイクに乗っている人であれば不安定に感じることはあまりないのではないかと。漕ぎ出しが重いという点については、ギアの問題で一概には言えないのが実際のところ。むしろロードバイクの方が漕ぎ出し軽いような。

また、ロードバイクは本気で漕ぐと60km/h出るとありますが、60km/h出るケースってそうそうないです。坂道、よほどの足自慢、ロードバイクの性能など、色んな要因がうまく合わさらないと出ないです。実際普通のロードバイク乗りであれば、25~35km/hくらいで乗っているのが平均ではないでしょうか。ちなみに私は60km/h出せません!

また個人的な意見なので統計データで示されたものではないですが、私が普段街乗りして見ている中で、マナー違反が多いのは完全にママチャリ。ママチャリが赤信号をちゃんと止まっているケースはほとんど見たことがないです。(追記:短めの信号で、車があまり通っていないケース。車が走っているところを赤信号で突っ込むと事故になるので当然ありませんが、車が来ない短い距離の信号は私の周りだとほぼ無視して直進しているなーという印象。)もちろんロードバイク乗りでも信号無視しているケースは多いですが、両者を比較するとロードバイクの方が安全運転していますよ。

裏付けのない思い込みによるものや、実体験が伴わないものが報道されると厳しいですね。

UG

WRITTEN BYUG

沖縄県出身。横浜国立大学中退後、BBT大学に1期生として入学し2014年卒業。同年3月より当社にてインターン開始。BBT大学院MBAを史上最年少修了。Venge Pro ViASに乗っています!

他の記事も読む

関連記事