スポーツバイクを始めると必ずと言っていいほど、ある試練が待ち構えています。それは「お尻の痛み」です。

慣れも確かにありますが、痛みの原因の多くはサドルとお尻のマッチングです。その痛みを解決するべく、いち早く人間工学の観点からサドルを再開発したSPECIALIZED(スペシャライズド)。

一体SPECIALIZED(スペシャライズド)が作ったサドルはどのようなものなのか、その魅力に迫っていくと共に、初心者さんでも手を出しやすい3つの商品をご紹介します。

スポーツバイク=お尻が痛いイメージ


スポーツバイクで重要なのはフレームの素材やパーツのグレードだけでなく、身体とのマッチングです。

完成車で買った時の状態のまま乗っていて、ストレスを感じるパーツがあったら交換し、自分のバイクに仕上げていくことがスポーツバイクの醍醐味でもあります。

フレームサイズはもちろんのこと、身体に直接触れる部分のパーツは、最も重要なパーツです。

スポーツバイクを購入して初めて遠出を計画し、早起きして出発したもののしばらくするとお尻の痛みが発生。その後はお尻の痛みに耐えるのが精一杯で、景色を楽しむどころではなかったという経験をした人は多いのではないでしょうか。

お尻の形は人それぞれ。筋肉の付き方も人それぞれ。お尻の痛みは耐えるものではありません。自分に合ったサドルを探すことが解決の道です。

一昔前と比べると、サドルの種類は格段に増えました。各社、様々な形や硬さのものをラインナップしています。サドルの幅、全長、フォームの硬さ、座面がフラットなのか、湾曲しているのか。同じメーカーでもモデルが違えば、全く使い心地が違います。

ショップによってはデモ用のサドルがある場合があります。積極的に利用して自分にピッタリくるサドルを見つけましょう。

サドル形状の概念を変えたSPECIALIZED(スペシャライズド)


SPECIALIZED(スペシャライズド)は、人間工学を用いてそれまでのサドルのデザインを1から考え直したのです。

サドルの中央へ大胆に穴を開け、神経や尿道を圧迫することを防ぎ、パフォーマンスを低下させないサドルを世に広めたのはスペシャライズドのボディジオメトリーシリーズでしょう。

それまでは、単に座り心地だけに注意してサドル選びをしていましたが、ボディジオメトリーのコンセプトがメディアで紹介されることで、一般ユーザーたちはサドル形状が神経を圧迫していたことに気付かされました。

ここから一気に各社のサドル形状が変化します。SPECIALIZED(スペシャライズド)と同様の穴あきサドルが一気に増え、穴をあけずに尿道ラインに溝を設けるなど、さまざまな工夫を凝らしたサドルが登場しました。

それだけSPECIALIZED(スペシャライズド)のサドルはインパクトが強いものでした。サドルは自転車パーツの中でも高額な部類に入ります。それでは、エントリーユーザー向けにSPECIALIZED(スペシャライズド)の中でも手に入りやすいミドルグレードを中心にご紹介いたします。

座り心地抜群 – TOUPÉ COMP GEL


image02

(出展:specialized)


TOUPÉ COMP GELは、サドル先端部分まで溝が設けられていて、血流を妨げることがありません。クッション材にはGELも加えられ、お尻をどっかりとサドル後方に固定させるようなペダリングでも、衝撃をしっかり吸収してくれます。

サドルレールは中空クロモリを採用しているため、重量級のライダーへもおすすめできる耐久性を確保しています。(参考価格:税抜:13,200円)

レーシーに乗れる – AVATAR COMP GEL


image01

(出展:specialized)


AVATAR COMP GELは、安心の厚いパッドを使用しています。レーシングサドルはペダリングロスを防ぐためにどうしても薄く設計されていますが、これなら初めてのサドル交換でも不安なく使えるでしょう。

もちろん人間工学を基にしてSPECIALIZED(スペシャライズド)がデザインしたサドルですので、神経や尿道圧迫には十分な配慮がなされています。

きっと、週末ライドが楽しくなることでしょう。(参考価格:税抜13,200円)

サイクルジャージなしでも快適 – BODY GEOMETRY COMFORT GEL


image03

(出展:specialized)


レーサーショーツを使用しないでサイクリングする方には、BODY GEOMETRY COMFORT GELがおすすめです。

レーシングサドルはパッド付きのレーサーショーツを身に着けることを前提としたフォームの硬さで設計されています。そのサドルにレーサーショーツ無しで使用すると、痛みがでてしまいます。

BODY GEOMETRY COMFORT GELなら厚いフォームが入っていて、普段着でも快適なペダリングが出来るでしょう。サドル中央に溝が設けられていて、長時間のライディングでも問題ありません。(参考価格:4,200円)

最後に


サドルはサイクリングを快適に出来るかどうかを左右する重要なパーツです。

サドルを変えただけで、悩みが一気に解決することがあります。色々と試してみることをおすすめしますよ。

その他のグッズに関する他の記事はこちらをご覧ください!

(TOP画像出典:specialized)

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!