ナイキも注目!?水泳、ランの美人コーチが語り合うトライアスロンの魅力

ヨガのインストラクターやジョギングインストラクターの資格を持つ伊藤 ゆり(以下、伊藤)さんと、スイムフォームコンサルタントとして水泳を教えている中村 美穂(以下、中村)さん。今回は、そんなお2人にトライアスロンをはじめたきっかけや上達法を伺いました。

お二人のプロフィール

伊藤 ゆり(TOP写真左)

体が気持ちよくなることで自然に心もほどいてく。そんな温かいレッスンから、アスリート向けの身体にしっかりと意識をむけたレッスンなど、バラエティーに富んだクラスを開催 。

レッスン受講者の層は幅広く、OLはもちろん、男性や年配の受講者にも指導し好評を博す。美容関係イベントやNIKEランイベント、東京マラソン財団法人施設でのランナー向けヨガの講師を務める傍ら、ヨガウエアブランド「Suria 」のアンバサダーや、オシュマンズのヨガコンテンツの監修など、幅広く活動。

受講者に寄り添う心地の良いレッスンはファンが多 く、中上級者は勿論、初心者や運動が苦手な方でもリピーターとなるほど。またバランスの取れた食事 、ビタミンたっぷりのスムージーを提案するなど、日々の生活にちいさなハッピーを広げることも大切にしている。

YOGA Works全米ヨガアライアンス500時間取得、ジョギングインストラクター2級取得、ジュニアアスリートフードマイスター取得。

中村 美穂(TOP写真右)

約20年の競泳競技生活を終え、一度は会社員になるものの「スポーツを通じてより豊かな人生を送ってもらいたい」という情熱を胸に、指導者として指導論・心理学・栄養学・児童心理学・東洋医学などを1から勉強し、現在はスイムフォームコンサルタントとして活動。

ベビースイムからトライアスリートまで幅広く指導にあたる。大人のクセ抜き、省エネスイム、カナヅチ克服を得意とし、『美しく楽に速く』の3点は比例するというコンセプトを掲げ、まずカッコ良く泳ぐためのフォーム創りをして行きます。

ひとりひとりクセや関節の柔らかさは違う…個人にマッチするパーソナルフォームを提案し、寄り添いながら楽しいスイムライフ、そして目標達成を目指します。春日部共栄中学高等学校卒業。法政大学体育会水泳部出身。

体調を壊したことで、健康を仕事に

DSC_3579

– 今どういったお仕事をされていますか?

伊藤:私はヨガのインストラクターをメインに活動しています。OLさんから、男性、年配の方、アスリートまで、幅広い層の受講者にスクールに来ていただいています。

今でこそこのようなスポーツの仕事をしていますが……実は私は運動音痴だったんです。大学時代は運動部のマネージャーをしており、自分でやるのはまったく。親からも、今の仕事を不思議がられます(笑)

– それは本当に意外ですね。本日も颯爽と自転車でお越しになったのでスポーツは得意だと。

今でこそ……ですね。大学を卒業後、人をサポートする仕事をしたいと思い、新卒でウェディングプランナーになったのですが、ハードワークで体調を壊したこともあり……その際に友人に勧められたのがヨガでした。

呼吸法やヨガの動きが自分に合っていて、ヨガの良さを広めたいと思い資格を取り、Wワークで週末だけスクールを開催した期間を経て、1年くらい前にフリーランスで活動をはじめました。

友人からヨガを教えてという依頼が増え、ソーシャルメディアからの口コミも広がり、生徒さんが少しずつ増え、何年かして独立しました。私はやっぱり人に何かを教えるのが好きだなと思って仕事をしています。

– 中村さんはいかがでしょうか? いただいた名刺の肩書きに「スイムフォームコンサルタント」とありますが?

DSC_3590

中村:私は競泳選手からベビー、ボディメイクの為のスイム、トライアスリート、『泳げるようになりたい』と志す初心者に至るまで広くスイムのコンサルタントしています。

「スイムフォームコンサルタント」というのはオリジナルの呼称で、『コーチング』と『ティーチング』は別のものと考えるし、ただのスイムトレーナーの枠にくくられたくなかった…ただ教えるだけではなく、本人にあった正しいフォームのコンサルティングもできるよ、と。

私は、7才から大学卒業まで競泳競技者としてオリンピックを目指し前へ上へと頑張って来ましたが、やりきった感を覚えていました。そのため、社会人になってからは仕事ばかりしていたら、体調を壊してしまった……そのことをきっかけに再び水泳をしてみたら身体が元気になる感覚があったんです。

それで、スポーツや子供に関わる仕事がしたいなぁと思うようになり、会社で働きながら、児童心理学やスポーツ心理学、栄養学、スポーツ医療、指導論も含めて色々学びました。

そして、独立。現在は、ご紹介のお客様のみプライベートレッスンをお受けし、おひとりおひとり個性に合ったプログラムと実践レッスンで健やかなスイムライフをコンサルタントしています。

– 中村さんもスポーツバリバリに見えますが、体調を壊されたことがあったんですね。その後、水泳を仕事にしていくと決めて、手応えを感じたのはいつ頃から?

私のターニングポイントは、カナヅチでほとんど泳げなかった女性のお客様から、「この子も泳げるようにして」と友人を紹介してもらったこと。その時、あれ!? この紹介してくれる女性は泳げるようになったんだと気付き、これってスゴいクリエイティブな仕事だなと感じたんです。

ライターの方が文章を書くように、建築家が家を一から設計して作り上げるように、新しいスキルを覚えてもらうのは何かを創造するのと一緒だなって。そのことがきっかけで、教えることがより楽しくなりました。

自分自身が体験したことを教える楽しさ

松田 然

WRITTEN BY松田 然

合同会社スゴモン代表兼ライター。旅をしながら仕事をするスタイルを取り入れ、自転車で日本全国47都道府県を走破。働き方や旅、自転車を中心にこれからのライフスタイルのヒントをブログなどで発信中!

他の記事も読む

関連記事