毎日の生活を大きく変える!シクロクロスでの通勤

退屈な通勤時間を持て余している方は多いのではないでしょうか。首都圏にお住みであれば片道1時間も珍しくありません。この時間をただ交通機関の席に座っているのはあまり有意義とは言えません。

そこで移動と同時に身体が鍛えられ、心もリフレッシュする自転車通勤について考えてみましょう。

殺伐とした通勤

通勤の時に利用される移動手段としては電車や自家用車での通勤が一般的でしょう。しかし電車であれば混雑がストレスになり、また交通網が麻痺してしまってはどうすることもできません。車での移動でも渋滞やヒヤリハットなどで、お世辞にも精神が休まった状態とは言えないでしょう。
image00

(出典:ぱくたそ)

自転車通勤という選択肢

そこで候補の一つとして上がってくるのが、自転車を利用した通勤です。自分の力で進む自転車は風を切るごとに爽快感を楽しむことができ、風景と共に四季の移り変わりを肌で感じることができます。朝の眠気覚ましにも仕事で疲れた気分をリセットするのにも有効なため、心を常にポジティブに整えてくれることでしょう。

また、自転車通勤ならちょっとした寄り道も気軽にできます。渋滞で足止めされることはありませんから、同じ所要時間内でいくつもの通勤ルートを作ることが出来るでしょう。もしかしたら、季節に応じて変化を感じられるルートがあるかもしれませんよ。

通勤に適している自転車とは

昨今、通勤アイテムとしてよく用いられているものはクロスバイクやロードバイクが主でしょう。速度も速く、車体も軽いため利用される方を街中で多く見かけます。しかし欠点として細いタイヤはガラス片でもパンクしやすく、フレームはそもそも大きな衝撃に耐えうるように造られてはいません。これらを回避するにはマウンテンバイクのような頑丈な車種を選ぶのも一つの手ですが、今度は車体が重すぎて風を切る爽快感が味わえなくなってしまう可能性があります。

そこでご紹介したいのが、シクロクロスです。

スクリーンショット 2016-02-15 14.13.42

(出典:TREK)

一見ロードバイクのような外見をしていますが、制動性の高いディスクブレーキを搭載していたり、太めのタイヤを履かせていたりと細部は大きく異なります。元々はロードレーサーが冬季トレーニング用に開発したのが始まりと言われており、そのためオフロードでもグイグイ進むことができるポテンシャルを秘めています。

こういった背景から、通勤にはもってこいの車種ともいえるでしょう。パンクしにくく、衝撃にも強い。そしてアップライトなポジショニングのため初めてスポーツバイクに乗車される方でも比較的乗りやすいことが挙げられます。

ロードバイクやクロスバイクで気を使って走行しなければならない場所でもスイスイ通り抜けられるため、ストレスも感じることはありませんよ。

最後に

シクロクロス通勤を始めると、いつもの風景が全く違ったもの感じることでしょう。

毎日の生活に変化を、そして健康のために試してみてくださいね。

自転車通勤に関する他の記事はこちらをご覧ください!
通勤アイテムとして見る!マウンテンバイクの魅力
自転車通勤導入のススメ!リスクに適切に対処して制度化するには?
往復110kmのツワモノも!? IT企業社員の自転車通勤生活 –シックス・アパート社訪問【前編】

ライフスタイルに関する他の記事はこちらをご覧ください!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事