どこが違うの?ロードバイクとシクロクロスを徹底比較
date : 2016.02.13 update : 2017.10.26

近年、スポーツバイクに乗っている方が非常に多くなりました。自分自身の力で、風を切って進んでいく爽快感はとても気持ちがいいものですよね。

しかし、一口にスポーツバイクと言っても、様々な種類があります。ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、シクロクロス、ピストバイク…。

その中でも特に初心者さんが迷われてしまうものが、ロードバイクとシクロクロスです。一見するとどちらもドロップハンドルが付いていて、パッと見同じ種類のバイクに見えますよね。

しかし、これらの自転車は用途が異なる全くの別物。そこで今回はそれぞれの特徴と、用途ごとにどちらを購入すればよいかご説明したいと思います。
※ロードバイクの選び方を知りたい方はまずこちらをご一読ください!

シクロクロスについて

スクリーンショット 2016-01-26 13.03.00

(出典:TREK)

一見するとロードバイクとさほど変わりはないように見えますが、ブレーキが全くの別物となっております。主にキャリパーブレーキを搭載しているロードバイクに対し、シクロクロスはマウンテンバイクにも採用されている制動性の高いディスクブレーキを装備。

シクロクロスレースでは不整地コースでの走行が主となるため、泥や水によってブレーキが利かなくなったりしては大変です。そこで水や泥に強いディスクブレーキが選ばれています。

フレームの形も若干違っています。シクロクロスレースではマッドな路面を回避するため自転車を担ぐ場面が珍しくありません。その為、肩を入りやすくするためフレームの前三角が大きく設計されているモデルが多いことが挙げられます。
聡史

(出典:CROWN GEARS)

また、シクロクロスは35㎜程の太めのブロックタイヤが装備されており、パンクやショックに強いパフォーマンスを目的としています。

グリップ力が高いため、未舗装の道でも安定感のある走りが可能です。また、ロードバイクよりもアップライトなポジションがとれるフレームになっているところも、不整地上でのハンドリング精度を高める目的となっています。

イタリア王者

(出典:CROWN GEARS)

デュアルコントロールレバーはロードバイクと共通して搭載されているものがほとんどですので、例えシクロクロスに乗るのが初めてだとしても過去にロードバイクへ乗車された経験がある方であれば問題なく扱えるでしょう。

そうでない方であっても、かなりの安定性が味わえるためすぐにライディングスキルは磨かれると思いますよ。

ロードバイクについて

スクリーンショット 2016-01-26 12.48.49

(出典:cannondale)

近頃はマウンテンバイクよりもロードバイクに乗って街を駆け抜ける方が多くなりました。グネリと曲がったドロップハンドルと細いタイヤ。実際に持ってみると、多くの人がその車体の軽さに驚きます。

また、快適な漕ぎ心地はそれまでスポーツバイクに乗ったことのない人であれば衝撃を受けることでしょう。

ブレーキとシフターが一体となったデュアルコントロールレバーは、ロードバイク界の常識となり、ハンドルから手を離すことなくシフトチェンジに集中することが可能となりました。

フレームの素材はスチールやアルミニウム、カーボンと変化していき、昨今ではカーボンに乗車する人も珍しくなくなりました。
00000006_l

(出典:GIANT)

レーシングモデルからロングライドモデルまで、各社から様々なモデルがラインナップされており、用途に合わせたものを選択する楽しみもあります。

いかに人力だけで速く目的地へたどり着けるかを目的として設計されているため、舗装道路以外を走行すればすぐにパンクやかなりのショック、最悪フレームの破損に繋がってしまいます。しかし、平均時速30㎞を出すことが不可能ではないどころか簡単に行えてしまうため、そのスピード感に魅了される方も多い乗り物です。

どちらを選べばいいの?

以上のことから、舗装された道も走るけれども、どちらかといえばちょっとした脇道や少しの林道、山道に趣を感じる方であればシクロクロスを選ばれた方が楽しめると思います。

パンクに強く、それでいて舗装路、未舗装路を隔てなく走れるそのキャパシティの高さにはきっと満足するはずです。

舗装された道を思いっきり漕ぎ、風を切って走りたいのであればロードバイクを選んでみるのはどうでしょうか。

誰よりも速く、思いっきりペダルを回してアドレナリンを最大まで放出すれば最高の景色が見えるはずですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか。以上、ロードバイクとシクロクロスの比較をしてみました。

近年ではロードレース以外にもシクロクロスレースも中々の盛り上がりを見せ、話題度も高まってきています。過去に比べるとどちらの種類の自転車ラインナップも充実してきているため、シクロクロスを検討されている方は今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ自転車に関する他の記事はこちらをご覧ください!


Follow FRAME

Written by FRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。