身長が小さいと色々と不便ですよね!高いところにあるものが取れない、映画館だと前の人の頭でスクリーンが見えない、記念写真はいつも前列などなど……理不尽なことばかり。

残念なことにロードバイクも同様で、身長が小さいとフレームサイズが中々合わないんです。周りの人はデザインやパーツのグレードなどで選んでいるのに、自分は狭められたわずかな選択肢の中から決める悔しさ……。

しかし!小さいフレームサイズの中でもいいものはたくさんあり、よく見ていけばデザインやビジュアルがカッコイイものもたくさん。また、そもそも無理して上のサイズへ乗るくらいなら身体にフィットしたフレームサイズの方が使いやすく、確実にに速い速度で走行する事ができます。

そこで今回は身長150cm未満の方にこそおすすめしたい、厳選した5モデルをご紹介したいと思います。

※ロードバイクの選び方を知りたい方はまずこちらをご一読ください!



MERIDA RIDE 3100


出典:MERIDA

(出典:MERIDA)



台湾ブランドの MERIDA(メリダ) は多くの外部メーカーのフレーム受注製造、通称 OEM で培った技術で強豪メーカーに負けないモデルを送り出してきました。

また、台湾という立地を生かした徹底したコストパフォーマンスで低価格で乗りやすく、日本人の体型にもぴったりマッチするのがかなりの好印象です。

MERIDA RIDE 3100 はエンデュランス(長時間乗車しても疲れにくいモデル)バイクの RIDE 3000 をベースに小柄な方向けに開発されたモデルです。フレームは他モデルよりも短く設計され、ハンドルとサドルの間に掛かるトップチューブも低めにとられているためまたぎやすく、力の伝達性が高いという特徴があります。

しかもカーボン(強化プラスチック)であるため下位機種の金属フレームよりも振動吸収に優れ、格段に軽いのも嬉しいところ。フレームの小ささから、飲み物を保管できるボトルゲージが1つしか取り付けられないのが唯一の欠点ですが、それを踏まえても候補へ入れていただく価値はあります。(参考価格:税抜189,900円)

参考記事
RIDE 3100 を購入した小柄なゆかりんの話はこちら
運動経験0だった私がロードバイクで100km走るまで

RIDLEY FENIX AL 3XS


(出典:RIDLEY)

(出典:RIDLEY)



ベルギーに本社を構える RIDLEY(リドレー) は「小柄な女性でも無理なく安全に乗車できるロードバイクを」という声に答え、小柄な日本人の体型のために設計されたジャパンオリジナルジオメトリーモデル FENIX AL 3XS を開発しました。

こちらのモデルもエンデュランス系統ですので、長時間走っても疲れにくいので初心者さんには嬉しい点ではないでしょうか。(参考価格:税抜139,000円)

参考記事
小柄な方へピッタリ!RIDLEY(リドレー)のフェニックス

TREK SILQUE SL


出典:TREK

(出典:TREK)



長時間のライドでは振動によって疲れ切ってしまうことがあります。特に慣れない初心者は意識の面でもすり減り、ヘトヘトになってしまうこともしばしば……。しかし SILQUE SL に乗ればそんな悩みは吹き飛ぶでしょう。

モデル名の SILQUE(シルク)の由来でもある通り、まるで絹の上を走行しているかのような滑らかさを味わえます。その秘密はサドル下の部分が独立して動いて振動を吸収してくれる特殊な構造のため。


また、手の小さい女性の方でも確実にブレーキを掛けたり変速が行えるよう調整されているので安心です。とにかく楽に走りたいとお考えの方はこちらを選択されるとよいでしょう。(参考価格:税込310,000円)

SCOTT CONTESSA SPEEDSTER 15


出典:SCOTT

(出典:SCOTT)



SCOTTが展開する人気の SPEEDSTAR シリーズ。こちらのモデルをもとに設計されたウーマンモデルが CONTESSA SPEEDSTER 15 です。

変速を担当する部品にはSHIMANO社の105と呼ばれる高級パーツが採用されているためストレスフリーなギアチェンジが可能です。オシャレにカッコよく、そして速く乗りたいのであれば選択しないわけにはいきません。(参考価格:税抜169,000円)

Liv AVAIL 1


出典:Liv

(出典:Liv)



冒頭の MERIDA と同じ台湾に本社を構えるメーカー GIANT が展開する女性向けブランド、 Liv から発売された AVAIL シリーズは乗りやすく、扱いやすいため多くの女性サイクリストから絶大な支持を得ています。

145cm台から乗車可能であり、サドルとハンドルの距離を短めに設計してあるため他のモデルよりも比較的楽な姿勢で乗車できるのが特徴。シティサイクルと同じく比較的状態を起こした状態で乗れるため、初めてのスポーツサイクルで曲がったドロップハンドルに恐怖感があるという方にはおすすめですね。

また、慣れない初心者の方のためにサブブレーキを装備しているのも嬉しい点。シティサイクルの感覚でブレーキを掛ける事が出来るので万が一の時にも安心です。(参考価格:税抜140,000円)

最後に


ロードバイクのサイズ選択は後々まで響くので非常に重要です。「少し大きいけど、これでいいかな…」と妥協するとサイクリングを楽しめないばかりか、重大な事故に繋がる危険性もあるのでよく吟味しましょう。

また、身長以外にも股下の長さでフレームサイズが変わってくる場合がありますので必ず専門のショップで計測してからロードバイクを選んでみてくださいね。

快適なサイクルライフが始められることを祈っております。

ロードバイクに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!