ロングライドやツーリングの時に何をもっていけば良いか迷いませんか?

おそらく最初は皆さんもそう思うのではないでしょうか。なぜなら私がロングライドをはじめたころは、ピックアップしたものが多すぎて絞るのが大変だった記憶があったからです。

そこで今回は、私の今までの経験をもとに「日帰りツーリングに必要なアイテムと賢い収納術」と題して、ロングライド、ツーリングの中でも、日帰りに特化したおすすめのアイテムとそれらをパッキングするための収納術を紹介します。

ロングライドアイテム

1から17までが私がおすすめする日帰りツーリングの必須アイテムです。今までの経験上、これ以上もこれ以下もないくらいベストな陣容だと思っています(笑)最終的にこれらがコンパクトに収まった画像を後ほど紹介します!

日帰りツーリングの必須アイテムとは


1.輪行バッグ
輪行を利用してロングライドをするには絶対のものですが、自走の予定でライド中にメカトラブルが発生した場合は、

タクシー(最寄駅まで)+ 輪行

が一番スムーズな帰宅方法だと思います。そのための輪行バッグです。疲労で力尽きた時も輪行できると思えばかなり頑張れるのではないでしょうか?

2.ツールボトル
ウォーターボトルと同じ容量か、ひと回り大きいものがおすすめ。これにチューブ、タイヤレバーなど小さめのアイテムを入れるのが目的です。今回の収納術の鍵を握るアイテムのひとつです。

3.キャッシュカード、クレジットカード、保険証、IC乗車券
カード類はこの4つに絞ります。免許証があっても?ですが、まず運転するようなことは考えにくいことと、身分証ならば保険証と写真入りのクレジットカードがあれば十分だと思っています。それとIC乗車券!最近は電車のみならず、自販機で飲み物を買う時もいちいち小銭を出さず買えるので便利ですね。残額は前もって要チェックです!

4.お金
お金を持たずに出る人はいませんね。日帰りならば現金で1万くらいまでが十分だと思います。メカトラブルなどでTAXIを利用せざるを得なくなった場合は、まとまったお金が掛かることを見越して3のクレジットカードを利用するのがおすすめです。

5.防水仕様のウォレット(財布)
普段の生活で使っているレザーの財布、長財布などは汗や水分がついてしまう可能性が高いのでNGです。意外に重くかさばるので煩わしくなることは間違いないでしょう。貴重品はサイクルジャージの後ろポケットに入れる想定なので、薄く、防水の財布がベストです。すぐになければジップロックでも十分代用が効きますよ。

6.スマートフォン
もはや説明する必要はありませんが、facebook や instagram などライド中にSNSを活用するのも最近のロングライドの傾向でしょう。使い過ぎはバッテリーの消費につながるので注意ですね。スマートフォンの機種にもよりますがSNSや通話をしても夜までバッテリーが持つものなども最近は増えています。その場合、充電器の携帯は必要ないでしょう。

7.替えチューブ、8.タイヤレバー
ロングライド中のパンクはトラブルのうちに入りません!と言えるくらいチューブ交換が楽にできるスキルは身に着けたいですね。

ロングライドアイテム

9.携帯工具
六角レンチのなかでも最低限4,5,6mmがあるツールセットを選びます。これにプラスドライバーも含まれていれば尚良いですね。

10.クリートカバー
ランチを取るためにビンディングシューズのままお店に入る際や、メカトラブルでが原因でリタイヤし電車の利用や歩くことが多くなった場合に重宝します。シマノ、LOOK、TIME、SPEEDPLAYなど各ペダルメーカーに対応したものが売られているので、持っていなければショップやネットでチェックしてみましょう。

11.チェーンオイル
私はドライのチェーンオイルを愛用しているので、100キロを超えるライドになるとオイル切れのサインであるキリキリ音が鳴ることがあります。そんな時にすぐに注油できるようにコンパクトサイズのドライオイルを持っていきます。写真よりももっとコンパクトであればより良いですね。ウェットオイルを使用していれば前日にチェーンの状態をチェックし、必要であれば注油しておくだけで携帯する必要は恐らくないでしょう。

12.携帯ポンプ、13.応急用パンク修理剤
携帯ポンプはチューブ交換用と、もしホイールがチューブラーだった場合、チューブもタイヤレバーも必要ありませんし、交換用のチューブラータイヤもかさばるため持っていけないので13応急用パンク修理剤で応急処理をして、携帯ポンプで追加エアを入れて近くの駅までゆっくり走り輪行し帰ります。

14.鍵
コンパクトかつ長いコイルタイプがおすすめ。街中での駐輪とは用途が違うのでセキュリティ性よりも携帯性を重視します。鍵をかけるタイミングはお店に入るときや観光地を見学するくらいであまり長時間は停めないからです。

15.補給食
これは水に溶かして飲むための顆粒ですが、スティック状の固形物でも何でも良いと思います。食べ物の場合はジャージの後ろポケットに入れた方が良いかもしれません。

16.消毒液、17.ウェットティッシュ
落車してなどで擦りむいたり、切ったりしたときに最低限消毒だけはしておきたいですね。ウェットティッシュは万能で止血にも使え、チェーンの油が手に付いた場合も重宝します。

以上が私がおすすめする日帰りツーリングの必須アイテムですが、こんなにあるとそれなりのバッグが必要では?と思ってしまいますね。でも②ツールボトルがあればバッグもサドルバッグさえも使わずに収納することが可能です。

アイテムの収納方法とシートポストバッグの利用


DSC_1008

まず、クリンチャータイヤの場合は、13.応急用パンク修理剤は持って行かないのでそれ以外の16点すべてパッキングするとここまでコンパクトになります。


 こちらの画像にないアイテムすべてが2.ツールボトルに集約されています。逆にチューブラーの場合はチューブの代わりに13.応急用パンク修理剤を持っていきます。


DSC_1028

次にここからフレームのボトルケージに2.ツールボトルを、1.輪行バッグ、6.スマートフォン、5.ウォレット、10.クリートカバー、17.ウェットティッシュッシュをサイクルジャージの後ろポケットに入れ、分散させます。

DSC_1029

僕はリュックを背負って走るのはあまり気が進まないので、出来る限りコンパクトでまとめたい考えで後ろポケットにでいるだけ詰めますが、多少自転車が重くなってもサドルバック等を利用して余裕を持たせるもの全然アリですね。そうすればジャージのポケットに余裕が生まれるのでより走りに集中できます。

他にもこのようなシートポストに取り付けるバッグは収納力があって便利です。

DSC_1025

RIXEN KAUL からリリースしているシートポストバッグです。ウインドブレーカーなどの着替えも入れることができ収容力は抜群です。あとは重量の兼ね合いでしょうか。やっぱりロードは軽くしなくては!という考えであれば採用しにくいところですね。

あとは、グループライドの時はメンバー間でアイテムを分散するのも賢い方法です。グループで1,2点持っておけば良いアイテムは手分けして担当するとみんなの負担が減りますね。

以上が私がおすすめする「日帰りツーリングに必要なアイテムと賢い収納術」です。初めての長距離で何を準備すれば?と考えている方の参考になればと思います!

 

 

LOGO.png1
東京・西新宿にてポーツバイクの修理、メンテナンス、カスタマイズを中心に展開するサイクルショップ。パンク修理からオリジナルバイクの組立はもちろんのこと、駐輪施設と提携したメンテナンスサービスや通勤途中のトラブルの出張対応等、時間とスペースを有効に使った新しいスタイルを提案しています。

良いものを長く、大事に使い続けるためのメンテナンス方法やトラブルの原因を丁寧に深く理解できるワークショップも随時開催。年に2度、富士の大自然を目いっぱい楽しむサイクルイベント VIKING に加え、月に2度、猿田彦コーヒー協力のもとVIKING @ TOKYO と称した都内を走るコーヒーライドも主催しています。

詳しくはホームページ、Facebook で情報を発信中。是非ご覧ください。

web:www.viking-the-maintenance.com
facebook:www.facebook.com/viking.the.maintenance
info:ishibashi@viking-event.com

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!