サイクリストへYOGAのススメ1-ロングライド後にオススメのポーズ

これから4回にわたり、サイクリストにおすすめするYOGAのポーズをご紹介します。1回目の今回は、ロングライド後におすすめしたいポーズです。

始めてのロングライドの後のアフターケア

自転車を始めて最初の目標といえば”ロングライド”ではないでしょうか。100キロのロングライドを達成したい!そんなサイクリストは多いと思います。ロングライドは長時間フォームを維持しなくてはなりませんので、身体はとても疲れますよね。脚もパンパン、首や肩もとっても疲れますよね。

ここでチョット質問ですが、ロングライドの後に十分なストレッチや何かケアを行っていますか?長時間運動後、酷使した筋肉を放置すると筋肉は凝り固まり、柔軟性も失われます。まずは、身体が温まっているうちに凝った部分をゆっくり伸ばしてあげましょう。今回はロングライド後に有効な立ったままで手軽にできるポーズを日頃サイクリストにYOGAを教えているヨガインストラクターのヤスパパ先生に教えてもらいました。

1.立位の片脚前屈のポーズ・アレンジVer〜(脚のストレッチ)

写真①

2.後ろで両腕を絞った膝曲げ前屈のポーズ・アレンジVer〜(首、肩のストレッチ)

写真②

ポーズをするときは鼻で深い深呼吸をすると効果が深まります。両ポーズとも自転車から降りてすぐできるポーズですので是非お試しください。

今回指導してもらった講師のプロフィール


ヤスパパ。ヨガインストラクター(ヘルシーアカデミー所属)先日10回目のワークショップを迎えたサイクリストの為のヨガ活動”チャリヨガ”のメイン講師を務める。そのほか、武道の要素を取り入れたヨガであるヨギックアーツの伝道師でもある。雑誌掲載多数の人気講師。

井上敦史

WRITTEN BY井上敦史

サイクリストの為のヨガ、『Chari Yoga』を企画・運営。現役の実業団登録選手であり、過去にプロショップや代理店に勤めた経歴がある。様々な視点から輪界に携わった経験を元に、サイクリストに新しいコンテンツを提供している。

他の記事も読む

関連記事