これまで、背の小さい方にとってロードバイク選びは難関でした。気に入ったカラーやスペックのものがあっても、サイズが合わずに諦めてしまった方も多いのではないでしょうか。

しかし、最近では各メーカーから背の小さい方向けのラインナップが増えてきており、以前ほど難しく考える必要はなくなってきました。ここで特におすすめしたいのが、 MERIDA が展開する RIDE 3000 のウーマンモデル、RIDE 3100です。

可愛らしいデザイン


RIDE 3100 にはグロスシルバーとMERIDAが展開する自社チームカラーが使用されたマットブラックにピングのカラーが使用されています。

チームカラーはスポーティでカッコ可愛いのでどのようなコーデにも合わせやすいのではないでしょうか。

(出典:MERIDA)

グロスシルバーもシンプルながら力強さが伝わってくるビジュアルですのでどちらを選ぶか迷ってしまいますね。

 (出典:MERIDA)

疲れにくいフレーム


RIDE 3100は対振動吸収性に優れたエンデュランスロードバイク RIDE 3000をベースに設計されたモデルです。非常に乗り心地が良いため長時間走っても疲れにくいでしょう。

image00
こうして造られた RIDE 3100 は、小柄な方向けに145cm台から乗車可能なフレームサイズが展開されています。通常のラインナップでは大抵155cm~160cmくらいが最小サイズなのを踏まえると、だいぶ小さめだということがうかがえるでしょう。

徹底的な低価格戦略と確かな技術


image03
台湾に本社を置く MERIDA はその立地を生かし、低価格路線でラインナップを揃えてきました。また、欧米メーカーや技術力も一流のため、コストパフォーマンスはかなり良い印象を受けます。

アジア発のメーカーなので日本人の骨格にもしっかりと合致する点も嬉しいところですね。

コンポーネントは上級パーツの 105


ギアチェンジをするための変速機、通称コンポーネントはレースにも使用される上級パーツ 105 を採用しています。ストレスフリーな変速タッチは走行に集中できるため、ロードバイク本来の走りを楽しむことができます。

ブレーキのみMERIDAオリジナルの特注品を使用していますが、制動性には問題ありませんので、気になるようでしたら頃合いを見てグレードアップしてみるのも良いかと思います。

最後に


MERIDAのRIDE 3100は小柄な方にとって、非常に使いやすいモデルです。重量も8.3kgとかなりの軽量なので坂道でも安心。

気になられた方は一度ショップに出向いてみてはいかがでしょうか?

(参考価格:税抜189,000円)

ロードバイクに関するその他の記事はこちらをご覧ください!

(TOP画像出典:MERIDA)

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!