4年間CASE LOGICのRBP-117リュックを使用して感じたこと

自転車で走るとき、皆さんは荷物をどうしていますか?メッセンジャーバッグを使ったりサドルバッグを利用したりと様々だと思いますが、今回私がご紹介したいのは RBP-117 BLACK というリュック。


(LINK:Amazon商品ページ

こちらのリュック、一見普通のものに見えますが、実は秘めたるギミックがたくさんあり、一度この使用感に慣れてしまうと手放せなくなってしまうほど……。かれこれ4年以上使用している一品についてご説明したいと思います。

注目ポイントその1.ノートPC専用のスペースがある

CASE LOGICから発売されている RBP-117 BLACK ですが、カジュアルにもビジネスにも利用できる非常に汎用性の高いリュックです。

image14

RBP-117 BLACK は一番背中側がPC収納スペースになっており、17.3 インチまでのノート PC であればスリムに持ち運ぶことができます。

image13

image08

また、内部にはポケットがあり、こちらにはタブレットなども収納可能。

image09

PC やタブレットなどの電子機器を持ち運ぶ際は出来るだけ安全に行いたいので、このスペースはありがたいですね。実際に背負って激しく動いてみても、中でずれてしまうような感覚は感じられないため、内部でぴったりと密着して PC を守ってくれているのがわかります。

注目ポイントその2.フィット感が凄い

RBP-117 BLACK は自分の体型に合わせてフィットしてくれます。例えばショルダーハーネスの長さを調整する際、紐を伸ばしたり縮めたりして調節しますが、RBP-117 BLACK ではこの長さをキープできるようマジックテープでまとめておくことが可能です。

image15

これなら後々伸びてきてイライラすることもありませんし、何よりビジュアル的にスッキリしているのでカッコイイですよね!

また、ショルダーハーネス上部は幅が広めに取られているため、重いものを長時間背負ったままでも痛みを感じにくく設計されています。

image01

私自身の体験談として、9時間もの間3kg程度の物を入れたまま背負って自転車を漕ぎ続けたことがありましたが、肩の痛みはほとんど感じられませんでした。

また、背中とリュックが密着する部分には通気性の良いメッシュパッドを採用しているためムレにくく、快適な使用感が持続します。

image06

重いものを入れた時でもこのメッシュパッドが緩和剤になってくれるのも嬉しい点ですね。

注目ポイントその3.小物を収納しやすい

大容量収納と謳っている商品であっても小物類を綺麗に収納できなくてはリュックとしての魅力が下がってしまいます。大量に物を収納でき、かつ細々としたものも綺麗に整理格納出来るものが良いリュックの見分け方。ドウェイン・ジョンソンが細部まで徹底的にこだわったケーキを作っていたら萌えますよね?そういうことです。

RBP-117 BLACK には用途に合わせて使い分けられる多くのポケットがあり、それぞれがしっかりと機能しています。例えばリュック上部ポケットはサングラス入れ。

image18

内部には普通のメガネケースで使用される素材が採用されているため、レンズを傷つけてしまう心配はありません。

image12

左右にも小さなポケットがあり、背負ったままでも取り出しやすいので水筒やハンカチ、名刺ケースなどを入れておくには最適です。

image11

また、左側のポケットにはキーチェーンホルダーもついているため、鍵を落とす心配はありませんね。

image10

一番外側のポケットは上から大きく縦に開くようになっているため、お菓子や折り畳み傘なんかを入れておくにはちょうど良い大きさです。

image19

そして、メインの収納ポケットから一つ外側のジッパーを開けると、そこには細々とした小物をまとめられるスペースがあります。

image17

私はデバイス関係を多く持ち歩くため、モバイル Wi-Fi やコード類をまとめてこちらへ入れてしまっていますが、他にも様々なものにも対応できそうですよね。例えば、写真中央の縦長ポケットなんかにはさっと取り出せるペンなどを引っ掛けておけば便利そうです。

注目ポイントその4.大容量収納

さて、どれだけたくさん物を詰めれるか、皆さん気になられている頃だと思います。ご安心ください、RBP-117 BLACK のメインスペースの空間はかなり大きく、生活に必要なものであればなんでも持っていけそうな感じがします。

image16

image05

書類や着替え用の服などを入れてもまだまだ空きがあるくらいなので、プチ旅行なんかはこのリュック一つで行けてしまいそうですよね。

image07

RBP-117 BLACK で旅をすれば肩や背中が痛くなるストレスを感じることもなく、旅先でサッとPCを取り出して現状をSNSへポスト。ホテルで新しい服に着替えて購入したお土産をぽいぽい詰めていける……。もうゴロゴロとキャリアバッグを引いて回ったのは過去の話です!

注目ポイントその5.安心のセキュリティポケット

日本で生活している限りあまりないかとは思いますが、海外ではリュックの中へ財布を入れておいたところそこの部分だけ切られて盗まれていた、なんて事例もあるようです。かといって、ずっと財布を手に持っているわけにもいかず……。

しかし RBP-117 BLACK であればそんな悩みとはおさらばです。先ほど紹介した衝撃吸収用の背中側のメッシュパッドですが、この一番下の部分は隠れたセキュリティポケットとなっており、財布を安全にしまっておくことが可能です。

image04

ここなら盗みに手慣れている人でも中々手を出しにくいでしょうし、なおかつパッと見では中々ポケットになっていると気づけません。

image00

あまりにも分厚い財布であれば別ですが、普通の女性の方がお持ちの財布くらいであれば収納してもほぼ違和感を感じることはありません。

不満点

唯一の不満点として、長く使用していると繊維がけばだってきてファシャファシャすることが挙げられますが、これを踏まえても使用に関しては全く支障はありません。

気になってきたら一度糊付けなどで綺麗にするのも良いかもしれませんね。

最後に

RBP-117 BLACK は場所や目的を選ばず、オールマイティに使用できる非常に優れたリュックです。ちなみに、本文では触れませんでしたが、頑丈さにおいても一級品。日がさんさんと照りつける日も、雨の日であってもほぼ毎日使用しておりますが、まだ一度も壊れておりません。

長く使い続けられるリュックですので、かなりおすすめですよ!


(LINK:Amazon商品ページ

WRITTEN BYonzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。

他の記事も読む

関連記事