アルミ技術に強い!キャノンデールをわかりやすく解説します

多くの自転車ショップで見かけるcannondale(キャノンデール)。しかし、どういった特徴があるのか知らない方もいるかと思います。そこで今回は優れた技術を持つcannondaleについて、初心者や未経験者の方でもわかりやすくご説明したいと思います。

cannondaleってどんなメーカー?

cannondaleはアメリカに本社を置く自転車メーカーです。アルミニウムの加工に長けており、乗り心地は高級モデルに使用されるカーボンのように滑らか。

ロードバイクやマウンテンバイクだけでなくミニベロも生産するなど、街乗りから本格レース志向の方まで幅広く満足できるラインナップが揃っています。

また、cannondale最大の特徴は冒頭にも述べたアルミニウムの優れた加工技術。アルミニウムは安価で大量生産が容易であるというメリットがある一方、高級素材のカーボンと比べると振動の吸収性能に劣り、車重も重くなるといった欠点があります。また、ペダルを踏み込んだ時の進む感覚がまったりしているなど、初心者のうちは良いかもしれませんが走り慣れてくると物足りなさを感じてしまうことも。

しかしcannondaleはこのアルミニウムを再開発しました。独自技術によって上記デメリットを補い、カーボンさながらの乗り心地を実現。踏み込んだ力をロスさせずにスッと進む気持ち良さには虜になってしまいます。もちろん振動を小さくすることにも成功しているので、満足度は非常に高いはずです。長く付き合える自転車をお探しでしたら、cannondaleは外せませんね。

cannondaleの歴史

cannondaleは1971年にウォールストリートのアナリストをおこなっていたジョー・モンゴメリーによって創業されました。余談ですが、社名の由来はオフィスの向かい側にあったキャノンデール駅から。

創業当初からアルミニウムの開発に掛ける熱意は強く、常に革新的な製品を作るべく熱心に研究をしていたとか。長い期間Made in USAにこだわって自社製造を行ってきましたが、2003年に製造拠点を台湾へ移転し、新体制で開発、製造を行っています。

cannondaleの自転車

cannondaleのおすすめ自転車を、過去に公開した記事からご紹介します。

cannondaleのラインナップにどのようなものがあるのか、把握したい方は各モデルをまとめた記事は以下をご覧ください。


ロードバイクのモデルはこちらをご覧ください。速度を出して走りたい方におすすめです。


街中を走るのであれば以下のモデルがおすすめです。



まとめ

cannondaleの特徴と歴史、そしておすすめの自転車を過去記事からご紹介しました。アルミニウムでいい自転車が欲しいと思ったら、cannondaleがおすすめです!

また、自転車を選ばれる際は以下の記事に目を通しておくとさらにわかりやすくなりますよ!


cannondale公式サイト

onzk

WRITTEN BYonzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。

他の記事も読む

関連記事