初心者必見!TREK(トレック)とはどんなメーカー?

スポーツバイクの本場といえばヨーロッパ。そのため数多くの有名メーカーがありますが、TREK(トレック)はアメリカウィスコンシン州に本社を置いているメーカーです。車体はとても頑丈で、まさにアメ車のそれのようです。国が定めた安全基準よりもさらに厳しいテストを自社でおこなっているメーカーです。

初めて自転車を購入される方にとって長持ちする自転車は嬉しいですよね。しかもTREKはアフターサポートもしっかりしているため、万が一壊してしまったとしても安心。

一つのバイクと長く付き合っていきたいとお考えの方はTREKがおすすめです!今回は未経験者さん、初心者さんでもわかりやすく、TREKがどのようなメーカーかご説明いたします。

こちらも合わせてどうぞ!

安心なTREKのサポートシステム

冒頭にも述べた通り、TREKは安全啓蒙について力を入れているメーカーです。性能だけでなく自転車に乗る人のことを考え、危険をできるだけ排除しようと努力しています。

そのため多少手荒に扱っても壊れにくく、非常に頑丈。もし壊れたときでも手厚い保証プログラムが用意されています。自転車選びで失敗したくない、壊れにくい自転車が欲しい、購入した後もしっかりとしたサポートが欲しいという方はTREKを選ぶべきですね。

また、性能面もとても優れており、特に乗り心地の良さは一級品。例えばロードバイクのDOMANEだったら凹凸のある道でもかなりの衝撃を吸収してくれるので、身体に負担がかかりにくいです。白線の上を走行しているような感覚に心奪われることでしょう。初級者から上級者まで、スキルレベルを問わず満足することができます。

TREKの歴史

安心して走行することができる自転車を製造しているTREKですが、どのような歴史を辿ってきたのでしょうか。TREKはジョン・バークによって1976年に設立され、スチールバイクの製造をハンドメイドでおこなうところから始まりました。革新的な技術開発を怠らず、最新技術と安全性を両立させるべく奮闘。1985年には航空宇宙産業と提携し、世界で初めて航空宇宙技術を自転車へ落とし込んだメーカーとなりました。

また、TREKの名を世間へ広めた要因の一つとして、ランス・アームストロング選手の話は避けて通れません。世界一過酷と言われるサイクルロードレース、ツール・ド・フランスで前人未到の7連覇を成し遂げたランスは大きく注目され、元々性能の良さに定評があったTREKの自転車をさらに広めることとなりました。その後ドーピングの発覚によって記録は取り消されましたが、自転車のスペックの高さは本物であったためTREKの評価が落ちることはありませんでした。

現在は製品の風洞実験責任者に日本人エンジニアである鈴木未央さんを置き、情熱を傾けて日々開発に取り組んでいます。

鈴木未央さんについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

TREKジャパン田村芳隆社長の手腕を知りたい方はこちらをご覧ください!

おすすめ自転車を紹介します

TREKのおすすめ自転車を過去の記事からご紹介します。

スピードを求めたり、長い距離を走りたい方はロードバイクがおすすめです。



以下の記事ではTREKの様々なラインナップを紹介しています。


TREKの2017年モデル展示会の様子はこちら!

まとめ

安全を第一に考え、頑丈な製品を送り出しているTREK。アフターサポートもしっかりしているため、自転車を不慮に倒したりしてしまうことが多い慣れないうちは安心ですね。

自転車選びでわからないことがあれば以下の記事に目を通してみてください。


TREK公式サイト

onzk

WRITTEN BYonzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。

他の記事も読む

関連記事